ニュース
» 2021年10月03日 21時00分 公開

【漫画】廊下のつきあたりからどんどん出てくる…… 祖父の家で見た「怪異の行列」にゾクリ(1/2 ページ)

おじいさんの姿をした百鬼夜行。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 子どもの頃、他人の家に置いてある「何か」が怖かった……という思い出はないでしょうか。古い置き物、掛け軸、絵画などなど、話を聞いてみると「なんでもない物なのになぜか怖かった」という経験をお持ちの方は多いようです。

 今回ご紹介する作品は、そのような雰囲気から生まれたのかもしれません。作者であるイラストレーターの古屋智子(@Ftomotomo3)さんが、小さな頃に祖父の家で遭遇した、という体験談です。

「仏間に寝ていたある夜の出来事」を描いてみた。 漫画
漫画をまとめて読む

 小学生の頃の古屋さんが、祖父の家へ泊まりに行った時のお話。夜中にふと目を覚ました古屋さんは、部屋の隣の廊下を歩く祖父の姿を見かけたそうです。

「仏間に寝ていたある夜の出来事」を描いてみた。 漫画
「仏間に寝ていたある夜の出来事」を描いてみた。 漫画

 トイレからの戻りかな、と思った古屋さんでしたが、すぐにおかしいと気がつきます。祖父の家は増築しており、廊下のつきあたりは「増築の際に潰して物入れになった、行き止まりの、元トイレの場所」なのでした。

 どうしたのだろう、といぶかしがる古屋さん。その後再び廊下へ目をやると……どういう訳か、先ほどとまったく同じように、元トイレの行き止まりから歩いていく祖父の姿があったのです。

「仏間に寝ていたある夜の出来事」を描いてみた。 漫画
「仏間に寝ていたある夜の出来事」を描いてみた。 漫画

 祖父が行き止まりから出てきては、廊下を歩いていく。それが何度も何度も繰り返され、現れる間隔はどんどん縮まり、いつしか「祖父の行列」ができていました。

 恐怖から身体を動かせない古屋さんは、祖父の行列をずっと眺めていたのですが……行列はふと歩みを止めます。そして祖父達は古屋さんの方へ顔を向け、一斉に「なんば見ようとかー!」と大声を上げたのでした。

 なんやかんやで朝を迎えた古屋さんは、伯叔父母にこの出来事を必死に訴えたそうですが、「お漏らしせんでよかったね」の一言で済まされたそうです。

 ところで当時、祖父はご存命で大変元気だった、とのこと。古屋さんが目撃した「祖父の行列」は、一体なんだったのでしょうか……。

 古屋さんは小説の装画や挿絵などで幅広く活躍。イラストレーターとしてだけでなく、今後は漫画を発表する機会も増やしていく予定とのことです。

米「American illustration 40」に選出されたイラスト(初出は『別冊 昭和のまちがいさがし』

作品提供:古屋智子(@Ftomotomo3)さん/公式サイト:Tomoko FURUYA Illustration

記事:たけしな竜美(@t23_tksn


古屋さんが装画を手掛けた書籍

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10