ニュース
» 2021年10月03日 20時00分 公開

子どもたちが喜ぶと思い「ねこねこ食パン」を買ったけど…… ママのまさかの失敗を描いた漫画が残念だけど笑ってしまう(1/2 ページ)

何かを察した子どもたちの表情よ……。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 ねこの顔の形の食パン「ねこねこ食パン」。かわいい形に子どもが喜ぶと思い購入したママの、まさかの失敗エピソードを描いた漫画がInstagramに投稿されています。

食パンアレンジ失敗 何が起こった?

 漫画の作者は、5歳のこむぎちゃんと2歳のきなこちゃんの2人の娘を育てるかたくりこ(katakrico)さん。ある日、ねこ好きの子どもたちのためにねこねこ食パンを購入したときの話です。

食パンアレンジ失敗 娘2人は大喜び。うれしく思うかたくりこさんですが……
食パンアレンジ失敗 え? 顔?

 ねこねこ食パンを買ってきた翌日、さっそく朝食に出してみると、かたくりこさんの思った通り子どもたちは大喜びです。しかし、お姉さんのこむぎちゃんから思わぬ質問が。「お顔は? ねこちゃんのお顔!」。

 ねこねこ食パンは猫のシルエットではあるものの顔は描かれておらず、トッピングなどでアレンジを楽しむ人も多いアイテム。かたくりこさんは「顔はこれだけだよ」と答えますが、子どもたちは不服そうです。丸くて耳の生えた形だけで充分かわいいと思っていたかたくりこさんですが、子どもにとっては「顔のパーツ」がとても重要であることに気付いたのでした。

食パンアレンジ失敗 チョコペンがない。そこで、ジャムを代用
食パンアレンジ失敗 使用したのはいちごのジャムだったとのこと

 ですが、家にはチョコペンなど顔をかけるものがありません。しかたなく、ジャムで目や鼻を描こうと試みるかたくりこさん。しかし、ジャムは無情にもスプーンからボトッとこぼれ落ち……かわいいとはほど遠い「まがまがしいオーラ」を放つゾンビのような猫ちゃんが出来上がってしまいます。

食パンアレンジ失敗 「コンナハズジャナカッタ……」こむぎちゃんの目は、そう語っていたのかもしれません

 かたくりこさんはおそるおそる、「これでもいい……?」と子どもたちに聞いてみます。想像とは違うなんともいえない出来栄えの食パンを「無」の表情で見つめ、「……うん」と答えを絞り出したこむぎちゃん。そんな様子を見て、子どもに気をつかわせてしまったと悟ったかたくりこさんは、心の中で「いや絶対よくないよネ ゴメーンッ」と絶叫しつつ、子どもたちに謝るのでした。

 かわいい食パンを台無しにしてしまったちょっぴり残念なエピソードですが、子どもたちの反応に思わずクスッと笑ってしまいますね。この漫画には、「えっ、顔…? チョコペンで書くとか? でもチョコペンなんて家に常備してないですよね」と言う共感の声のほか、「適当に袋やジップロックにジャム入れて、角少し切ったら書きやすいかもしれません!」というアドバイスも集まっていました。

 かたくりこさんは、この他にも家族の日常を描いた漫画をブログ「かたくりこblog フリーランス母さんの絵日記」や、Instagram(katakrico)で公開しています。

画像提供:かたくりこさん(katakrico

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙