ニュース
» 2021年10月05日 18時00分 公開

列車が「大遅延する」より、「早く出てしまう」方がダメってホント?

日本の鉄道の時間正確性は世界一ぃぃぃ! それを支える法令の1つです。

[新田浩之,ねとらぼ]

 「ただいま、この電車は***のため●分遅れで運行しております」──。

 「まじかよ、急いでいるのに……」

photo 鉄道の遅延と早発、どちらがダメ?

 鉄道遅延に遭遇すると、仕方ないと思いつつもイライラしてしまいます。

 時間正確性、定時運航率が世界一とされる日本の鉄道は、私たちが誇るべき素晴らしい公共交通機関。さまざまな事情や不慮の事態により多少の遅延や運休などはあります。しかし少なくとも、何のアナウンスや説明もなく、止まったまま遅れたまま結局列車さえ来なかった……と、乗客が何も分からずそのまま放置されることはありません。

 「遅れる」ことはよくあります。では逆に「早く出てしまう」とどうなるのでしょう。以前、つくばエクスプレスが“20秒早く”発車してしまったことで「深くお詫び申し上げます」と首都圏新都市鉄道が謝罪文を出し(関連記事)、「たった20秒なのに?」「シビアな世界だ」と国内外で話題になったことがありました。

遅延より「早く出てしまう」方がダメ

 「定められた発車時刻より早く発車してしまう」つまり、「早発」は法令で禁じられています。列車の運行ルールを定めた「鉄道営業法」およびその省令「鉄道運輸規程」の第22条第1項で以下のように定められています。

鉄道ハ時刻表ニ指示シタル列車ヲ其ノ時刻前ニ出発セシムルコトヲ得ズ

 早発の禁止は明治時代からの決まりごとです。遅延したとしてもいつか列車は来るでしょう。しかし先に出てしまったら「もう乗れない」人が出てしまいます。

 「次の列車に乗ればいいじゃないか」というのは別のお話。事業者としては旅客の運送等の契約である以上、それを守るのが前提です。そのため、予定よりも駅に早く着いたとしても、早く行きたいと誰かに望まれても、早発してはなりません。定められた発車時間になるまで時間調整します。

 前述したつくばエクスプレスは、一般人としてはたった20秒のことといえど、法令に反した「事件」だったのです。

 なお、JR東日本の首都圏・列車本数の多い路線では、主要駅のみで到着・発車時刻を定めています。つまり、「主要駅以外の駅」では到着・発車時刻を定めていないことがあります。掲示される発車時刻はあくまでも運行上の目安。この場合は駅掲示の時刻より早く発車することもありえますが、法令に反してはいません。当然、そうだとしても時間正確性の高さが大きく変わらないのはすごいことといえるでしょう。

photo 首都圏JR線には発車時刻を定めていない駅もある。掲示される時刻表は努めて正確だが、実はあくまで「目安」

新田浩之(にったひろし)

1987年神戸市生まれ。関西大学文学部卒、神戸大学大学院国際文化学研究科修了。主に鉄道と中欧、東欧、ロシアの旅行に関する記事を執筆。2018年からチェコ政府観光局公認の「チェコ親善アンバサダー2018」を務める




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙