ニュース
» 2021年10月06日 12時00分 公開

病気で目が見えづらくなってしまった漫画家 恋人からの一言で絶望から救い出された話に「泣いた」「良い話や」(1/3 ページ)

かかってしまったのは治療方法が確立されていない「ビジュアルスノウ」。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 病気でものが見えづらくなり絶望したとき、恋人の一言に救われたというエピソードが多くの人の心を動かしています。漫画でこのエピソードをつづったのは、漫画家の見原由真(@ace7kg)さん。

恋人の一言 絶望的していた見原さんを救った彼の一言とは
漫画をまとめて読む

 5年前、当時独身だった見原さんは仕事中に倒れてしまい、さらに、目に深刻な症状が現れます。光に過敏となり、テレビ画面すら見られないほどに。加えて砂嵐のような光の粒で見えづらくなるビジュアルスノウという視覚障害も併発したのです。

恋人の一言 突如訪れた不調
恋人の一言 しかも、「ビジュアルスノウ」は治療方法がまだ確立されていない病気なのです

 新しく始まるはずだった漫画の連載が流れ、アルバイトもできなくなり、日常生活はギリギリの状態に。何より見原さんがつらかったのは、当時付き合っていたアニメーターの恋人にプロポーズされたばかりだったことでした。

 見原さんは自分のアパートに恋人を呼び、症状について伝えます。話しながら自分がパートナーの重荷にしか感じられなくなり、「別れを切り出されてもおかしくない」と、実家に帰って暮らす覚悟を決めました。

恋人の一言 その時の彼の顔は、実際にはよく見えていなかったようです

 しかし、いつもは理屈っぽく、自分が得意なアニメについて多弁だった恋人がかけてくれたのは、「ここから引っ越して一緒に暮らそう!」「大丈夫 なんとかなるよ!」という楽天的な言葉。普段との違いに驚きつつも、一切迷いのないシンプルな言葉に見原さんは心の底から救われたといいます。

 見原さんは恋人のアパートでの生活を初め、近隣に住む彼の両親にも実の娘のように温かく接してもらううちに、「目を治して元気になって 大切な人達の顔を“見て”お礼を言うんだ」と生きる意欲を取り戻していきました。

恋人の一言 彼の楽天的とも思える言葉と彼の家族からの愛情。見原さんは結婚し、漫画家として活躍中

 その後、恋人とは結婚。病気は完治はしていないものの、症状は日常生活に困らない程度になり、フリーのアニメーターとして多忙な夫と仲良く暮らしているようです。

 漫画には「良い話や」「泣いた」など、多くの感動の声が寄せられていました。自身の体験から病気になった時や仕事が続けられなくなった時、相手の対応や言葉に救われたと言う人も。

 また、「凄いストレスの時たまになるんだけど」「視界一杯に星とか砂みたいにキラキラして死ぬほど鬱陶しい」といった、「ビジュアルスノウ」のような症状についてコメントもありました。作中のような目の不調を感じたら、なるべく早く眼科での診察を受けてください。

 見原さんは高校生アスリートが、フードマイスターの資格を持つ義父と“食”を通じ絆を深めていく漫画「アスメシ」の原作(作画は小川錦さん)や、ケンカに明け暮れていた主人公がひょんなことからアーチェリー部に入部し仲間と共に成長していく「アーチェリーボーイ」などを手掛けています。

作品提供:見原由真(@ace7kg)さん

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙