ニュース
» 2021年10月06日 15時12分 公開

「しいたけとチーズでマリトッツォしたらかわいいかも」→ 天才的発想で挑戦するも当然のごとく惨敗した写真をどうぞ(1/2 ページ)

残念!

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 おはぎ、寿司、どらやきと、各業界で魔改造が進むマリトッツォ。流れに乗って、きのこ園のTwitterアカウントが「しいたけとチーズ」で挑戦しました。これは天才的な組み合わせ。絶品に違いないと期待していると、トースターがチーン。ああああ、知ってた。チーズは溶けるって知ってた―。

おいしそうな椎茸マリトッツォ1 おいしそう
おいしそうな椎茸マリトッツォ2 すごくおいしそう
おいしそうな椎茸マリトッツォ3 ワクワク…
惨敗した椎茸マリトッツォ あばばばばばばば

 シイタケのマリトッツォになれなかったものを作ったのは、原木しいたけを栽培している君嶋きのこ園さん(@kimijimakinoko)。「マリトッツォって椎茸で真似したら可愛いんじゃないかと、果敢にカマンベールチーズで挑戦し、当たり前に惨敗したアカウントがコチラです。。」とのコメントともに4枚の写真を投稿しました。

 1〜3枚目は、ぷりっぷりに育ったしいたけ2枚に、カマンベールチーズをがっつりと挟み込こんだ写真。こんなん、絶対ウマいに決まっているといった立ち姿。ところが、4枚目になると様子が激変。オーブントースターで焼かれた結果、チーズはすっかり溶けてぺしゃんこに、焼けたシイタケは散乱し悲惨な姿へと変貌しました。ちなみに見た目はアレですが、めっちゃおいしかったそうです。

 リプライ欄には、「焼いてからカマンベールをたっぷり挟む」、「小さいカマンベールでやってみては?」「はんぺんがいいと思う」「焼きしいたけに白米でも」など、さまざまなアイデアが寄せられました。

 惨敗の翌日、君嶋きのこ園さんは寄せられたアイデアを参考にリベンジ。しょうゆをちょいと垂らしたバターご飯、チーズとはんぺん、ポテトサラダなどを挟み、結果は大成功。どれもめちゃくちゃおいしくて感激したそうです。

画像提供:君嶋きのこ園@秋の味覚販売中!(@kimijimakinoko)さん

高橋ホイコ


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙