ニュース
» 2021年10月07日 16時43分 公開

あなたの“おにぎり”が世界の子どもを助けるハッシュタグ「OnigiriAction」に反響 おにぎり画像で給食を送ろう(1/2 ページ)

1投稿につき5食分の給食が、協賛企業から寄付されます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 おにぎりの写真を投稿すると世界の子どもたちに給食が届く、ユニークなキャンペーン「おにぎりアクション」が、SNSを中心に盛り上がりを見せています。

おにぎりアクション おにぎりアクションは10月5日から11月5日まで実施

 世界的な食の不均衡の解消を目指すNPO、TABLE FOR TWOが主催。おにぎりの写真1投稿につき5食分の給食が、協賛企業からアジア・アフリカの子どもたちへ寄付されます。

おにぎりアクション

 参加するには、おにぎりの写真を公式サイトのフォームに投稿するか、ハッシュタグ「OnigiriAction」を付けてSNS(Facebook、Instagram、Twitter)に投稿。おにぎりは手作りでも既製品でもOKです。

おにぎりアクション 車とあわせて撮影した場合は、日産セレナから給食10食分が提供されるなど、協賛企業独自のキャンペーンも実施されています

 キャンペーン期間は10月15日から11月5日までで、投稿枚数は10月7日時点で1万8000以上。Twitterのハッシュタグ「OnigiriAction」では、おいしそうなおにぎりの写真がたくさん見られます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10