ニュース
» 2021年10月11日 19時00分 公開

「最高すぎて笑うしかない!」 ドリキン土屋とMAX織戸、愛車ハチロクを互いに褒めちぎって大満足「やっぱハチロク最高」(1/2 ページ)

超絶良好コンディションのハチロク同士が念願の共演。「でも、やっぱり俺の方がすごい」と思ってそうですね♪

[カナブンさん,ねとらぼ]

 レーシングドライバーの織戸学さんが10月2日、自身のYouTubeチャンネル「MAX ORIDO RACING」を更新。愛車の「ハチロク(当時のAE86 スプリンター トレノ)」と土屋圭一さんのハチロク、2台のパンダトレノで仲良くドライブに出掛けた様子を披露しました。

MAX ORIDO RACING ハチロク2台でドライブへ(MAX ORIDO RACINGより)

織戸学ー憧れの土屋圭市様とAE86でドライブ(YouTube/MAX ORIDO RACING)

 織戸さんは開始早々、「きょうは早起きしてばっちり洗車してきたんだよ」といよいよ土屋さんのハチロクと2台でドライブに行けるとあってワクワクです。

 織戸さんのハチロクも、土屋さんのハチロクも、いま現存するハチロクの中でもトップクラスと思える良コンディションを保つ、それぞれのこだわりと思い入れが詰まりまくった個体です。

(参考)織戸学ーAE86納車時の様子!青春を再び、原点回帰(YouTube/MAX ORIDO RACING)

 土屋さんのハチロクはYouTubeやチューニングカー誌などにもたびたび登場する有名マシン。土屋さんは、普段乗りでこれをフツーに乗っていることでも知られています。そして織戸さんも数カ月前、「青春を再び! 原点回帰」とウルトラ良コンディションのハチロクに出会い、念願叶って手に入れたのでした。

 「なぜほしくなったのか。土屋さんが毎日フツーに、普段乗りでも楽しそうにハチロクに乗ってるのがうらやましくてうらやましくて(笑)」

(参考)【公式】土屋圭市、仕事が終わった後に・・・(YouTube/DRIFT KING TELEVISION)

 「俺のどうよ」「いやー、いいっすね!」などと、普段の親分/子分的な掛け合いや辛口カー評価はどこへやら、2人してニコニコしながら互いのハチロクを褒め合っていました。

MAX ORIDO RACING 土屋さんのハチロクは5バルブ仕様の4A-Gに換装して各種セッティングを突き詰めたこだわりチューン済み。あくまで参考までに、頭文字D・拓海のハチロクと同じチューン
MAX ORIDO RACING 織戸さんのハチロクもほぼノーマルを保っているという、すごいレア個体。エアクリカバーや自動開閉カバー式の純正フォグランプまで付いている。ハチロクは1980年代の古いクルマであるだけでなく「走り屋用」として好まれたクルマなので、イジられずにきれいなまま残る個体に出会えたことが激レアと織戸さん談
MAX ORIDO RACING 土屋さんはノリノリで織戸さんのハチロクへ

 「とにかく音がすごいよね」。単にやかましいことなのではなく、長年乗り続け、コツコツ大切かつていねいにチューニングを詰めていった、“3.5速”のクロスミッションや5バルブ型換装済み4A-Gエンジンが絶好調に回り、奏でる音や調子……を含めてのことのようです。サウンドがホントかっこいい!

 「これはヤバいな!」「ハチロクには思えないね、これ」「最高すぎてもはや笑うしかない!」「日本でハチロクといえばやっぱり土屋さんですからね」と大感激のようでした。もちろん心の中では負けられない、「俺のハチロクもすごいぞ」と思っているのでしょうが……(笑)。

MAX ORIDO RACING 土屋さんのハチロクは「最高すぎてもはや笑うしかない!」

 ファンからも「やる気にさせてくれるサウンドだ……」「こんな大切にされているきれいな個体、もう多分ほとんどないよ」「織戸さんすっごく楽しそう」「メッチャ良い音」などのコメントが多く寄せられていました。

(カナブンさん)



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙