ニュース
» 2021年10月12日 18時28分 公開

「割合は90%が9割」「1年後の確実な未来2022」 当たり前過ぎる“架空のビジネス書”が逆に読みたい(1/2 ページ)

頭空っぽで読めそう。

[コンタケ,ねとらぼ]

 プレゼンテーションソフトの「PowerPoint」でデザインされた、「めちゃくちゃ当たり前なことを言っている架空のビジネス書の表紙」が一周回って読みたくなってくる謎の魅力に満ちあふれています。なんか逆にすごいことが書かれていそうな気がしてくるぞ……!

PowerPoint ビジネス書 当たり前 なるほどなる…ほ……ううん!?
PowerPoint ビジネス書 当たり前 本当に今すぐやめたほうがいい
PowerPoint ビジネス書 当たり前 そうかその手が……ってコラ
PowerPoint ビジネス書 当たり前 なんかいかにもすごいことが書かれてそうな表紙

 この架空のビジネス書は4種が公開されており、それぞれタイトルは「割合は90%が9割」「犯罪行為なんか今すぐやめなさい!」「おなかが空いたときはご飯を食べなさい」「2022(サブタイトル「1年後の私たちが体験する、確実な未来」)」。

 どれも書店で見掛けるような本格的デザインとなっており、いかにもそれっぽい帯付き。しかしその帯もよく見ると、「おかげさまで100万部突破したい!!」「2022年まで3カ月切った!」など願望や当たり前のことが書かれているだけです。なんと巧妙な。

 これらの画像を作ったのは、サントリーで通販事業のCRM・広告などを担当する傍ら、SNSを通じてスライド作成に役立つノウハウや画像ネタを発信する「パワポ芸人」としても活動する豊間根青地さん(トヨマネ|パワポ芸人 @toyomane)。公開数日で、9万件以上の「いいね」が寄せられる人気となっています。

画像提供:豊間根青地さん(トヨマネ|パワポ芸人 @toyomane)

豊間根青地さんの著書

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10