ニュース
» 2021年10月12日 22時50分 公開

最高のカーテンコールをありがとう 傑作ゲーム「Outer Wilds」の追加DLC「Echoes of the Eye」レビュー(※ネタバレなし)(2/2 ページ)

[砂義出雲,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

序盤、中盤を経て思う。これは紛れもなく「Outer Wilds」だ! だけど――

 プレイ序盤。「Outer Wilds」のことなら知らないことはほぼないぐらいのつもりでいた私はある一つの事実に驚きます。それは――。

Outer Wilds Echoes of the Eye 序盤に訪れる施設

 「なにも分からない」!

 なんと、このゲームは、DLCパートにおいて明らかに「全てを知っている」プレイヤーを、再び「全てが未知の世界」へと引き戻す仕掛けがなされていました。すさまじいワクワク感。未開の地に足を踏み入れる一歩ごとに身体は震え、鼓動が高鳴っていきます。そして、心の中は歓喜に満ちあふれていました。「また、一からOuter Wildsをプレイできている!」

Outer Wilds Echoes of the Eye 待ち受ける未知の冒険

 ですが、中盤。その喜びに陰りが出てきはじめます。

 事前に告知されていることなので書いてしまいますが、『Echoes of the Eye』にはホラー要素が含まれています。(一応、ゲームメニューからは「恐怖を緩和する」オプションが用意されており、難易度を下げる効果もあります。ホラー要素やゲームが苦手な方はためらいなくオンにしてしまって構わないと思います)このホラー要素が中盤でかなり強くなってくるのです。

Outer Wilds Echoes of the Eye ゲーム開始時の注意書き。恐怖緩和オプションは本編中いつでもオンオフができます

 そして、アクション的にもやや今までと違うことが要求されるようになります。この中盤のプレイ感覚は本編に比べると明らかに異質であり、賛否両論があるでしょう。もちろん、本編部分でもストレス耐性を要求するシーンは多々ありました。「Outer Wildsは、ストレスを好奇心で乗り越えながら進んでいくゲームだ」が自分の持論だったのですが、ただ本編でのそれは探索が徒労に終わったときの手応えのなさや、ミスをしてしまったときの虚脱感を指すもので、今回設えられていた恐怖はいわゆる「ホラーゲーム」に見られるような「湿度の高い恐怖」でした。自分が思い出したのはロウソクを片手に廃校を探険する「返校」というホラーゲームです。

Outer Wilds Echoes of the Eye 「返校」(画面写真はNintendo Switch版

 ホラーゲームがあまり得意でない私はプレイ中「Outer Wildsにこんな方向性は望んでなかった!」と半泣きになっていました。また、個人的にはPS4でプレイした時にエラー落ちが多発したのも心を折るポイントでした(これは後日アップデートでなんとかしてほしい)。ちょうど謎解きに詰まったことも相まって、この辺りで「このゲーム本当にクリアできるかな」と思ってしまったことも何度かあります。人生ベストゲームのDLC、その体験がまさかこんな予想だにしなかった方向性で心が折れそうになるとは。


終盤に訪れた圧倒的な「涙腺崩壊シークエンス」。滂沱の涙が止められない――

 しかし、終盤。私を待ち受けていたもの。それは圧倒的な「涙腺崩壊シークエンス」でした。

 それも、今まで「Outer Wilds」の世界を長く旅して、深く愛してきた人間ほど破壊力が高くなるような、あまりにも濃密な「Outer Wilds」ファンへのご褒美。

 自分の琴線に触れるツボに、こういうものがあります。「ひょんなことから、誰かの思いが報われてしまう瞬間」です。そこで繰り広げられたものは、まさにそのような展開であり、それはちょうど「もうこのゲーム無理かもしれない」と心の折れかけていた自分のプレイ体験ともシンクロするようなものでした。

 ああ、今までの旅は無駄じゃなかったのだ、と。諦めずにここまで旅を続けてきてよかった、と。私は嗚咽混じりで、全ての苦労が一瞬で報われてしまうようなその素晴らしいシークエンスを見ました。最高。最高です。

 私は本編の「Outer Wilds」をプレイしたことで人生観が変わったと思っています。それは、虚無に襲われがちな世界でどうやって生きるか、人はなぜ生きるかという話です。それに近い感動が、今回のDLCにもありました。世の中は何がどう巡り巡って、報われてしまうか分からない。だからこそ、その瞬間のために、時に折れそうになる日々を懸命に生きるのだと。ロマンチシズムが過ぎるといわれるかもしれません。でも、それこそが「先の見えない」人生を生きる道しるべの一つではないでしょうか?

 そして、強く感情を揺さぶるエンディングを迎えながら私は思いました。「素晴らしい『Outer Wilds』だった」、と。


総括:これは「Outer Wilds」を再体験できる『夢のDLC』だった! ぜひ、本編未プレイの方は本編の後にプレイを

 ということで、振り返ってみると、「Echoes of the Eye」は単なるゲームの「追加要素」どころか、「Outer Wilds」というゲームを丸ごと「再体験」できる、夢のようなDLCだったと言えます。

 序盤で再びプレイヤーを「何も分からない」状態に放り出して、そこから「分かってくる」楽しさを味わわせ、中盤でときに投げ出す人が続出しそうな試練を与え、終盤でその不満を吹き飛ばすような圧倒的なエモさでぶん殴ってくる。これこそ、「Outer Wilds」!

 図らずも、記憶を消さずとも「Outer Wilds」というゲームをもう一度プレイするという願いがかなってしまったのです。そのため、個人的には、本編をまだ未プレイの方は、本編をきちんとクリアした上でDLCパートをプレイすることをお勧めします(最初の惑星にある『電波塔』からの謎解きがDLCの範囲に当たります)。

Outer Wilds Echoes of the Eye 電波塔。DLCへの導入も謎解きになっているのが最高に「Outer Wilds」

 そして、今、完璧なゲームであるOuter WildsにDLCを作る意味はあったのか? という疑問には自信を持って答えることができます。

 ――間違いなく、あった。つらいこともあったけど、最高の旅だった。私は制作者一同様にこう言いたいと思います。最高のカーテンコールをありがとうございました。

 Outer WildsのDLC「Echoes of the Eye」は、PS4Xbox OneSteamEpic Gamesストアで配信中です。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」