ニュース
» 2021年10月15日 21時00分 公開

「ひぇっ……!」と声が漏れる迫力 黒い蝶が座敷を覆うインスタレーションアート作品がホラーのよう

「不在」の意味を問いかける作品。

[関口雄太,ねとらぼ]

 紙で作られた黒い蝶や蛾が空き家に舞う様子を表現したアート作品が、ホラーのような迫力を持ちながら、どこかもの悲しい雰囲気を帯びていて魅了されます。

ひぇっ……!と声が漏れる迫力 座敷が黒い蝶に覆われたインスタレーションアート作品がホラーのようですごい

 北陸怪談研究会(@HKwaidan)さんが撮影した、石川県珠洲市で開催の「奥能登国際芸術祭2020+」に展示された作品。昔ながらの日本らしい建物の中に、無数の黒い蝶や蛾が飛びまわっているように見えます。紙製の作品なので基本的には止まっているはずですが、羽ばたいているような動きを感じさせます。

 この作品はメキシコを拠点にアーティストとして活動するカルロス・アモラレスさんによる「黒い雲の家」。カルロスさんは自身の祖母を亡くして以来、「Black Cloud」と名付けた作品を各地のギャラリーで展示してきました。

 今回の展示場所は空き家ですが、ギャラリー空間以外での制作は初めてのこと。能登半島の先端にある珠洲の空き家に展示されることで、うっそうとした世界観が際立っています。制作物を空間にインストールしてアート体験を提供する「インスタレーション」ならではの魅力です。

ひぇっ……!と声が漏れる迫力 座敷が黒い蝶に覆われたインスタレーションアート作品がホラーのようですごい

 Twitterにはゲームや漫画などのワンシーンのようだと感嘆する声がたくさん寄せられてる一方で、「怖い」や「好き」といった感想が混在しています。なかには「ここで百物語をやりたい…」という声も。多様な感想から、目を背けたくなるものの表現に踏み込んだ気概がうかがえます。

 「黒い雲の家」が展示されている奥能登国際芸術祭2020+は、珠洲市全域を会場に、さまざまなアート作品を展示するイベント。11月5日まで開催です。

画像提供:北陸怪談研究会(@HKwaidan)さん

海外での「Black Cloud」の展示

Black Cloud ミラノの個展「The Accursed Hour」で展示された「Black Cloud」(「1万5000匹の紙の黒蝶が建物内を舞う 幻想的でちょっとホラーなアート作品に引き込まれる」から)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」