ニュース
» 2021年10月18日 12時00分 公開

「お母さん食堂」改名は「批判があったからではない」―― ファミリーマートの新プライベートブランド「ファミマル」が生まれた理由

ネットで物議を醸した件は無関係だそうです。

[しげる,ねとらぼ]

 10月11日、ファミリーマートの新プライベートブランドが「ファミマル」へと大きく変更されることが発表されました(関連記事)。これまで主にチルドやパウチなどのお総菜や食事寄りの商品は「お母さん食堂」、お菓子や飲料などは「ファミコレ」という2つのブランドに分かれていましたが、10月19日以降はこれが統合されることになります。お母さん、引退か……!

これからは「ファミマル」になります
このへんの商品も全部ファミマルだそう
食べ物だけではなく、飲み物や生活用品も全部ファミマルです

 このリニューアルに先駆け、10月11日にはメディア向けに新ブランド「ファミマル」の商品に関する説明、ならびに新旧両バージョンの商品を並べて食べ比べることができる試食会が実施されました。試食会で食べることができたのは、「バターの香り広がる!海老グラタン」「痺れて旨い!四川風麻婆豆腐」「じゅわっと肉汁!!!鉄板焼きハンバーグ」の3種。これら3種の旧バージョン商品も、横に並べての試食です。

今回試食できた3品。全て左が旧、右が新だけど、見た目では違いがあんまり分からない

 いざ並べて食べ比べてみると、確かにちょっと味が違うような……。全体的にどの商品も旧バージョンの方が塩気のアタックが強いのですが、新バージョンのファミマルの方は旧バージョンよりも塩味以外の味が前面に出ている感じがします。例えば海老グラタンならバターの味が、ハンバーグなら肉の風味が口に入れた瞬間に感じられるような気が……。一番新旧の違いが分かりやすかったのが麻婆豆腐で、並べて食べてみるとファミマルの方は明らかに味が複雑になっていました。「あ、なんかこれは調味料の数や味付けの工程が増えてそうだな……」と感じられるくらいで、なるほどこれがリニューアルと納得。

 しかし、やはり気になるのは「お母さん食堂」のブランドが消滅した点。過去に「ジェンダーバイアスを助長しかねない」という理由で改名要望の署名が行われたこともあり、そのネーミングをめぐってはいろいろと物議を醸してきました。また、グリーンカレーやガパオなどの国際色豊かなメニューや、「ごま油香る塩だれやげん軟骨焼き」「炙り焼き味噌ホルモン」といったガチめの居酒屋のようなお総菜が並んでいたことから、「このお母さんの人物像って?」「お母さん、なんでも作れすぎでは?」という方向で話題になったことも。実際、これらの事情は今回のリニューアルに関係があるのでしょうか?

お母さん食堂(ファミリーマート公式サイトより)

 この疑問を試食会でファミリーマートの担当者にぶつけてみたところ、「もちろんお母さん食堂に関する事情の把握はしていますが、今回のリニューアルとは無関係です」という回答が。ざっくりいうと「お母さん食堂がネットで話題になったからファミマルに一本化した」というわけではなく「プライベートブランドをよりお客さんに訴求するため、2つに分かれていたブランドを統合した」という理由が大きかったとのこと。

 担当者によれば、もともとお母さん食堂は「あくまで食堂」という意識で運営していたそう。いわゆる「お母さん」という立場の人も移り変わっているし、今は自宅でも普通の和食以外にいろいろなメニューが出ているはず。「それらを手軽に買って帰って、家で食べられるような食堂」「働く女性の食卓も応援する食堂」「消費者が本格的だと感じられるいろいろな料理を提供する食堂」が、当初のお母さん食堂のコンセプトでした。だからタイカレーとかやげん軟骨とか売ってたのか……!

 しかし、ファミリーマートによる調査の結果、お母さん食堂というネーミングではファミリーマートのプライベートブランドであるという認知度が十分に上がっていないことが判明。また、従来のプライベートブランドだったファミコレから食事系のメニューが抜けたことで、こちらもボリュームダウンして見えてしまっているという問題もあったそう。そういった事情から「ファミリーマートのプライベートブランドを競合他社に負けないようにアピールするには、ブランドを分けることのデメリットも無視できないのでは」という議論が社内で起こったそうです。

 というわけで、ファミリーマートのプライベートブランドを訴求することに重きを置いて検討を重ねた結果、今回の一本化に繋がった、というのがリニューアルの大きな理由です。一本化によって効率も上がり、なおかつお客さんにも分かりやすくなるはず、という狙いがあるとのこと。「物議を醸したからお母さん食堂を消し去りたい」という意図に基づいたリニューアルではなく、あくまでプライベートブランドの訴求のための判断だということになります。

というわけで、新プライベートブランドは19日からの発売です

 突然のお母さん引退には「何があったの!?」となりましたが、理由を聞いてみればそりゃそうか……という気持ちに。確かに名前に社名が入っていないプライベートブランドはいろいろと不都合もあったのかもしれません。あのなんでも作れるスーパーお母さんは店頭から順次姿を消していく予定(フードロスを考えて一斉に商品を入れ替えたりはしないとのこと)ですが、お母さんをしのびつつ新しくなったメニューを手に取ってみるのもいいかもしれません。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」