ニュース
» 2021年10月18日 12時00分 公開

「お母さん食堂」改名は「批判があったからではない」―― ファミリーマートの新プライベートブランド「ファミマル」が生まれた理由

ネットで物議を醸した件は無関係だそうです。

[しげるねとらぼ]

 10月11日、ファミリーマートの新プライベートブランドが「ファミマル」へと大きく変更されることが発表されました(関連記事)。これまで主にチルドやパウチなどのお総菜や食事寄りの商品は「お母さん食堂」、お菓子や飲料などは「ファミコレ」という2つのブランドに分かれていましたが、10月19日以降はこれが統合されることになります。お母さん、引退か……!

これからは「ファミマル」になります
このへんの商品も全部ファミマルだそう
食べ物だけではなく、飲み物や生活用品も全部ファミマルです

 このリニューアルに先駆け、10月11日にはメディア向けに新ブランド「ファミマル」の商品に関する説明、ならびに新旧両バージョンの商品を並べて食べ比べることができる試食会が実施されました。試食会で食べることができたのは、「バターの香り広がる!海老グラタン」「痺れて旨い!四川風麻婆豆腐」「じゅわっと肉汁!!!鉄板焼きハンバーグ」の3種。これら3種の旧バージョン商品も、横に並べての試食です。

今回試食できた3品。全て左が旧、右が新だけど、見た目では違いがあんまり分からない

 いざ並べて食べ比べてみると、確かにちょっと味が違うような……。全体的にどの商品も旧バージョンの方が塩気のアタックが強いのですが、新バージョンのファミマルの方は旧バージョンよりも塩味以外の味が前面に出ている感じがします。例えば海老グラタンならバターの味が、ハンバーグなら肉の風味が口に入れた瞬間に感じられるような気が……。一番新旧の違いが分かりやすかったのが麻婆豆腐で、並べて食べてみるとファミマルの方は明らかに味が複雑になっていました。「あ、なんかこれは調味料の数や味付けの工程が増えてそうだな……」と感じられるくらいで、なるほどこれがリニューアルと納得。

 しかし、やはり気になるのは「お母さん食堂」のブランドが消滅した点。過去に「ジェンダーバイアスを助長しかねない」という理由で改名要望の署名が行われたこともあり、そのネーミングをめぐってはいろいろと物議を醸してきました。また、グリーンカレーやガパオなどの国際色豊かなメニューや、「ごま油香る塩だれやげん軟骨焼き」「炙り焼き味噌ホルモン」といったガチめの居酒屋のようなお総菜が並んでいたことから、「このお母さんの人物像って?」「お母さん、なんでも作れすぎでは?」という方向で話題になったことも。実際、これらの事情は今回のリニューアルに関係があるのでしょうか?

お母さん食堂(ファミリーマート公式サイトより)

 この疑問を試食会でファミリーマートの担当者にぶつけてみたところ、「もちろんお母さん食堂に関する事情の把握はしていますが、今回のリニューアルとは無関係です」という回答が。ざっくりいうと「お母さん食堂がネットで話題になったからファミマルに一本化した」というわけではなく「プライベートブランドをよりお客さんに訴求するため、2つに分かれていたブランドを統合した」という理由が大きかったとのこと。

 担当者によれば、もともとお母さん食堂は「あくまで食堂」という意識で運営していたそう。いわゆる「お母さん」という立場の人も移り変わっているし、今は自宅でも普通の和食以外にいろいろなメニューが出ているはず。「それらを手軽に買って帰って、家で食べられるような食堂」「働く女性の食卓も応援する食堂」「消費者が本格的だと感じられるいろいろな料理を提供する食堂」が、当初のお母さん食堂のコンセプトでした。だからタイカレーとかやげん軟骨とか売ってたのか……!

 しかし、ファミリーマートによる調査の結果、お母さん食堂というネーミングではファミリーマートのプライベートブランドであるという認知度が十分に上がっていないことが判明。また、従来のプライベートブランドだったファミコレから食事系のメニューが抜けたことで、こちらもボリュームダウンして見えてしまっているという問題もあったそう。そういった事情から「ファミリーマートのプライベートブランドを競合他社に負けないようにアピールするには、ブランドを分けることのデメリットも無視できないのでは」という議論が社内で起こったそうです。

 というわけで、ファミリーマートのプライベートブランドを訴求することに重きを置いて検討を重ねた結果、今回の一本化に繋がった、というのがリニューアルの大きな理由です。一本化によって効率も上がり、なおかつお客さんにも分かりやすくなるはず、という狙いがあるとのこと。「物議を醸したからお母さん食堂を消し去りたい」という意図に基づいたリニューアルではなく、あくまでプライベートブランドの訴求のための判断だということになります。

というわけで、新プライベートブランドは19日からの発売です

 突然のお母さん引退には「何があったの!?」となりましたが、理由を聞いてみればそりゃそうか……という気持ちに。確かに名前に社名が入っていないプライベートブランドはいろいろと不都合もあったのかもしれません。あのなんでも作れるスーパーお母さんは店頭から順次姿を消していく予定(フードロスを考えて一斉に商品を入れ替えたりはしないとのこと)ですが、お母さんをしのびつつ新しくなったメニューを手に取ってみるのもいいかもしれません。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」