ニュース
» 2021年10月19日 18時00分 公開

『100万回死んだねこ』貸してください 図書館で実際にあった「覚え違いタイトル集」書籍化(1/2 ページ)

「トコトコ公太郎(とっとこハム太郎)」「フォカッチャのバカロマン(ボッカチョのデカメロン)」などなど。

[ねとらぼ]

 「100万回死んだねこ」「100リットルの涙」――書籍のタイトルの覚え間違いを紹介する福井県立図書館(福井市)の人気コーナーが書籍化されました。『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』として、講談社から10月20日発売です(1320円)。

『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』 イラスト:多田玲子 装丁+本文デザイン:大島依提亜

 同図書館の公式サイトで人気の「覚え違いタイトル集」は、利用者の覚え違いの実例を集めたもの。思わず笑ってしまう覚え間違いが、SNSでたびたび話題になっています。

 『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』は秀逸な「覚え違いタイトル」を厳選し、イラストを添えて収録。ページをめくると「正しい書誌情報」と「司書によるレファレンス」が現れる構成になっています。

 「トコトコ公太郎(とっとこハム太郎)」「フォカッチャのバカロマン(ボッカチョのデカメロン)」「人生が片付くときめきの魔法(人生がときめく片づけの魔法)」など、“分からなくはないけどなんか違う”覚え間違いから、「ウサギのできそこないが2匹出てくる絵本」のような、何もかもあやふやなものまで、さまざまな例が収録されています。爆笑しつつ、司書さんってすごい……と感心する一冊です。

収録例

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」