ニュース
» 2021年10月19日 17時10分 公開

「DUNE/デューン 砂の惑星」レビュー 60年前の作品を、なぜ「今」映画化するのか(1/3 ページ)

原作小説の成り立ちから解説。

[将来の終わり,ねとらぼ]

 『デューン』、それすなわち「映像化不可能」との神話がある。それは近代において、作品の知名度に貢献したのが「ホドロフスキーのDUNE」――アレハンドロ・ホドロフスキーによる一世一代の大企画が頓挫した経過を描いたドキュメンタリー作品――の発表が大きいだろう。

「DUNE/デューン 砂の惑星」は絶賛上映中

 加えて新人監督時代のデヴィッド・リンチ(「ツイン・ピークス」を手掛けるよりもさらに前)が監督したバージョンが批評家・原作ファンともどもから散々な評価であった、ということの影響も大きい。実際のところは2000年、ミニシリーズとして原作にある程度忠実な映像化がなされているものの、半ば伝説的な作品であるという評価をもって語られることが多くなってしまっている。

 『デューン』の舞台ははるか未来。銀河を広く支配下においた帝国は、星々を各公家に管理させ栄華を極めていた。帝国の命令により、父レト・アトレイデス公爵と砂に覆われた惑星アラキスの統治を任されることになったポール。本作は彼に降りかかる悲劇と生まれついでの宿命をたどる大河長編であり、オリジナル版作者(フランク・ハーバート)の手によるものだけでも6作、その息子が後を継いだ続編がそれに加え10作以上存在する。

60年前に書かれた原作小説

 映画本編に入る前に、この小説版について少し触れておきたい。

 本作の原作が書かれた1960年代中頃は、英米のSF小説界にとって大きな変革を迎える直前といえる時期だった。E・E・スミス、A・E・ヴァンヴォークトらに始まる宇宙を舞台とした冒険譚が、ベスターやハインラインらにより着実な進化を遂げ、壮絶な復讐や政治的思惑など重厚なストーリーをもつに至ったのが1950年代のこと。

 そして1960年代後半からはP・K・ディックやカート・ヴォネガットなど新時代の作家たちが頭角を現し、長大な叙事詩よりも幻視的な作風や独自の死生観をもつ哲学的な作品に注目が集まる。時を同じくしてJ ・G・バラード、ハーラン・エリスン、ディレイニーらによる、人間の内宇宙に着目した作品の台頭、いわゆる「ニューウェーブ」の時代が始まり、やがてティプトリーやジョン・ヴァーリイの諸作品を経て、1980年代に『ニューロマンサー』から「サイバーパンク」ブームが巻き起こる。

 その時代の狭間にあらわれた『デューン』は、非常にオーソドックスな貴種流離譚だ。話の筋に限ってはっきりと言ってしまえば「スター・ウォーズ」、もっと言えば「バーフバリ」や「ライオンキング」に近いかもしれない。

 この点について、本作は『指輪物語』と比較されることが多い。さまざまな種族とその生活様式、世界構成、人工言語をファンタジーとして作り上げたのがトールキンであるならば、科学的見知をもって架空の惑星とその歴史・文化・生態系を徹底的に構築したのが本作の原作者フランク・ハーバートであり、それをこれまでで最高の映像として実現したのが本作の監督、ドゥニ・ヴィルヌーヴだ。

現代によみがえった『デューン』

 まずヴィルヌーヴは本作において、文庫版4冊(旧版)にも及ぶ原作一作目のストーリーラインをシンプルに整理・脚色し、その前半を約2時間半という劇場作品として現実的な時間におさめた。

 無論その役割を大胆に削られてしまったキャラクターもいるものの、本筋はやはりポールの物語である。大掛かりなアクションやカタストロフの控えめな物語の導入を美術と役者の力で飽きさせずに見せる、というのは単純に見えて非常に難しい。その技量は素直に称賛したい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/26/news120.jpg 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. /nl/articles/2111/26/news024.jpg 猫たちがチョンチョンすると……ウサギ「ズボオッ!!」 ワニワニパニックのようなウサギとビビる猫たちに爆笑
  3. /nl/articles/2111/25/news148.jpg 【その視点はなかった】「ネイルする意味が分からない」という男がいたので塗ってあげたら「爪って目に入るから元気出る!」と理解してもらえた
  4. /nl/articles/2111/26/news021.jpg ラッコが飼育員とハイタッチを練習していたら……「わかんなくなっちゃった!」 ジタバタするような姿がかわいい
  5. /nl/articles/2111/26/news137.jpg 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  6. /nl/articles/2111/25/news186.jpg 土屋アンナ、長男の17歳バースデーを祝福 成長した姿に「あんなに小さかった男の子が!」と反響
  7. /nl/articles/2111/25/news159.jpg 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  8. /nl/articles/2111/23/news051.jpg 強盗に襲われたタクシー運転手の正体とは? 「ロボットアニメのその後」を思わせる漫画に涙
  9. /nl/articles/2111/21/news033.jpg 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  10. /nl/articles/2111/25/news157.jpg マリエ「やっとおにぎりが食べれるようになった」 医師もさじ投げた10年以上闘病の摂食障害を乗り越え

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」