ニュース
» 2021年10月19日 20時00分 公開

「どうだ明るくなったろう」の成金が照明器具に 玄関をムーディーに照らす100円札(1/2 ページ)

暗くてお靴が分からないお宅にぜひ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 歴史教科書でよく見る“成金の風刺画”を、百円札が光るライトとして再現したユーモラスな工作が人気です。あの「暗くてお靴が分らないわ」「どうだ明くなったろう」(原文ママ)のやりとりがよみがえる。

成金 暗くてお靴が見えないときも……
成金 スイッチオンで百円札が光り、どうだ明るくなったろう?
成金 元ネタの風刺画。関連性は明らかでないが、「成金の中の成金」といわれる山本唯三郎が、実際に同じことを札束で行ったと伝えられている(浜島書店『中学歴史資料集 学び考える歴史』東京都版173ページより)

 モチーフの風刺画は「成金栄華時代」(和田邦坊)。第一次世界大戦時の「大戦景気」で成功した成金が、暗闇の中で靴を探す女性に対し、わざわざ百円札を燃やして灯りをとる、そのおごった振る舞いを描いたものです。

 作者のosaka(@osakaplush)さんは、この成金の人形を製作。百円札付近にライトを仕込み、スイッチオンで燃えるかのように見える照明に仕上げました。製作期間は1週間ほど。

 元ネタそっくりの秀逸な作品は、「すごい、暗くてお靴が分からなくならない!」「玄関に置きたい」と好評。教科書で印象に残った人も多く、「懐かしい」「ちょうど授業で習った」「なぜかみんな覚えてる人」といった声もみられます。

 osakaさんは以前にも、3Dモデルをもとに作ったロゼッタ・ストーンの実物大ぬいぐるみで話題に(関連記事)。ほかにも「強欲な壷」(遊戯王)風ハンドバッグなど、ユニークな作品を手がけています。

画像提供:osaka(@osakaplush)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」