ニュース
» 2021年10月25日 12時00分 公開

本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない(1/2 ページ)

カメラを止めて!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Zoomでトークイベントを催したら、実家の様子が参加者全員に公開された……!? 地獄のような状況を描く実録漫画が、気の毒ながら笑ってしまいます。作者はテレ東社員にして漫画家の真船佳奈(@mafune_kana)さん。

アイキャッチ1 Zoomに不慣れな母親をイベントに呼んだ結果……

 真船さんはオンラインでの講演が決まったものの、人が全然集まらなかったらどうしようと不安でいっぱい。少しでも枠が埋まればと友人や家族に声をかけたのですが、ITにうといお母さんまで誘ったのが悲劇の入口でした。

アイキャッチ2
アイキャッチ3

 心配は杞憂に終わったようで、イベント当日には100人ほどが集まりかなりの盛況。参加者のアイコンやがずらっと並ぶ画面を見て、真船さんはひとまず安心しますが、その1つに、見覚えがありすぎる絵面を見つけて大いに驚くことになりました。

アイキャッチ4
アイキャッチ5

 それは、不慣れながらもZoomにアクセスしたお母さんの画面。カメラはオンのうえ、アカウントが本名で作成されており、乱雑とした部屋やら母のすっぴんやら、何もかも丸出しです。

アイキャッチ6

 「お母さん!! カメラを……止めてくださいー!!」――これ以上個人情報をばらまかれる前に母を止めなければと、真船さんは恥を忍んで絶叫し、チャット欄をざわつかせることに。名字から状況を察したお客さんたちは、「本当だ! 真船さんのお母さんだw」「Zoom初めてなのかな笑 大丈夫です」などと温かく迎えてくれましたが、当のお母さんはいっこうにカメラを切りません。いったいどうして……?

アイキャッチ7

 実は、お母さんの端末は、余計なカメラは入っているというのに、肝心なオーディオが切れていて何も聞こえていなかったのです。さらに、これを電波状況のせいだと勘違いしたお母さんは、入りの良い場所を探してうろうろ。実家のあちこちが映り込み、真船さんの傷口をどんどん広げていきます……生きろ。

 こんな強い逆風の中では、話すことも満足にできなさそうなものですが、けがの功名というべきか、真船さんはかえってリラックスして講演をやりとげられたとのこと。お母さんはどうしたかというと、Zoomが何も分からないままひっそり退出していたということです。結果的に、親子愛の話になったってことでいいのかな……。

作品提供:真船佳奈(@mafune_kana)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  7. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  8. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  9. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」