ニュース
» 2021年10月24日 22時00分 公開

【漫画】「うちの一族は死人が出る前にインターフォンが鳴る」―― ある一族に伝わる「死の予兆」と、当事者に起きた不思議な出来事(1/3 ページ)

本当にあった怖い話は、因果関係は分からず、理不尽に降り掛かるもの。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 「○○が現れた家には死者が出る」。これは世界的に見られる怪異の伝承で、日本にもいくつか「妖怪」として伝承が残されています。

 今回ご紹介する作品は、漫画作品『百合の園にも蟲はいる』の原作を手掛ける漫画家の羽流木はない(@warugi871)さんが、一族に伝わる「死の予兆」について、お父さんから聞いた話を漫画にしたもの。

死人が出る前のピンポン 漫画



 羽流木さんが「うちの一族は、死人が出る前にインターフォンが鳴る」という、お父さんのお話をツイートしたところ、お父さんから「Twitterに載せるならもっと詳しく話すよ」と連絡があったそうです。

 ここからはお父さんの語ったお話。お父さんがまだ小さかったころ、親戚の家で「インターフォンが鳴ったので玄関を開けるが、誰かがそこにいた気配がまったくない」という出来事が何度か続いたといいます。

死人が出る前のピンポン 漫画
死人が出る前のピンポン 漫画
死人が出る前のピンポン 漫画
死人が出る前のピンポン 漫画

 それが起きてから数週間後、その家に住む叔父が亡くなりました。インターフォンが鳴った時間とほぼ同じ時刻に亡くなったこともあり、不気味な出来事だと親族間で話題になり、さらには同じような体験談が複数あがってきたというのです。

 時は流れ、お父さんが小学4年生になったある日。インターフォンが鳴り、応対のため玄関のドアを開けたお父さんでしたが……そこには誰もいませんでした。そして数日後、また同じようにインターフォンが鳴り……お父さんはその音を聞いて、とても嫌な予感がしたといいます。

死人が出る前のピンポン 漫画
死人が出る前のピンポン 漫画
死人が出る前のピンポン 漫画
死人が出る前のピンポン 漫画

 そこでお父さんは、一番短時間で玄関の様子が見られる場所へ行き、誰かがいないかとのぞき込むのですが……そこには誰もおらず、玄関のドアを開けても同じことでした。

 その後、同居していた曾祖母の具合が悪くなり、1カ月ほど寝込んだ末に亡くなります。インターフォンを鳴らされたこと、曾祖母の死、お父さんの遭遇した不思議な出来事との関係は分かりませんが、その頃から裕福だった家の財政事情が少しずつ悪くなっていき、住んでいた家を手放さざるを得なくなったそうです。

死人が出る前のピンポン 漫画
死人が出る前のピンポン 漫画
死人が出る前のピンポン 漫画
死人が出る前のピンポン 漫画

 ここまでが「一族に伝わる死の予兆」の顛末ですが、お父さんにはもうひとつ不思議な出来事が起きていたといいます。それはインターフォンが鳴らされていた時期に、変わり者として知られるクラスメイトの「犬塚くん」が、突然家へやってきたことです。

 犬塚くんは一度も立ち入ったことがない裏庭へと向かい、そこにあった井戸の前に立ち、しばらく眺めていたのですが……やがて「井戸を涸らしたせいだ、諦めろ」とお父さんに告げたといいます。

 一族の何人もが体験したインターフォンによる死の予兆、その後本当に曾祖母が亡くなったこと、葬儀の日にすれ違った曾祖母の姿、裏庭の涸れた井戸、犬塚くんの言葉、裕福だった家が傾き家を手放すハメになったこと……。

 すべての出来事に因果関係があるのかないのか、何が本当で何が間違っているのかは分かりません。ただひとつ間違いないのは、お父さんがこれら不思議な出来事を「実際に体験した」ということだけです。

作品提供:羽流木はない(@warugi871)さん

記事:たけしな竜美(@t23_tksn


       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」