ニュース
» 2021年10月25日 20時10分 公開

壊された昭和のハンバーガー自販機、古びた色合いまで元通りに 粋な修理をした加工業者に称賛集まる(1/2 ページ)

古くて存在しない交換用部品を、退色した色味まで含めて再現。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 何者かによって壊された、貴重なハンバーガー自動販売機を気の毒に思い、修理を申し出て元通りに直した加工業者に称賛の声が集まっています。ねとらぼ編集部では、修理を行った愛知県の企業・エッチアイ技研(@HIGIKEN)に引き受けた経緯を聞きました。

自販機 破損した部品を外し、復旧を待つ自販機

 被害に遭ったのは、昭和の自販機を多数復旧・稼働している「中古タイヤ市場相模原店」。当該のハンバーガー自販機は9月5日夜に壊され、ボタンは割れスイッチ内部も損傷していました。

 古い機械ゆえ交換用部品が取り寄せできず、修理は困難。この件はテレビなどでも報道され、貴重な品の喪失をいたむ声が多数上がりました。修理を手掛けることになったエッチアイ技研の社長も、ニュースに悲しんだ1人だったといいます。

 「子どものころ、家族でのドライブ中、サービスエリアで買ってもらった思い出の自販機が今でも稼働していることに驚きつつ、その希少な自販機が壊されてしまったということで悲しい気持ちになりました」

 ――そんな思いから、社長は無償修理を申し出ることに。エッチアイ技研はプラスチック部品の試作・量産総合メーカーで、金型が失われたような年代物の再製造も手掛けており、今回の修理には適任だったといえるでしょう。

 部品製作を打診したところ、中古タイヤ市場から快諾があり、数日後には被害を免れたボタンが見本品として到着。これをレーザー測定器にかけ、設計データを作成しました。

自販機 被害を免れたボタンが、取り外されて見本品に
自販機自販機 スキャンデータを元にCADデータを作成

 見本のボタンは経年劣化しており、素材が特定できませんでしたが、それなら強度に優れるボタンをと、担当者はムクのポリカーボネートから新たなボタンを削り出しました。

自販機自販機 強度を重視し、鋳造ではなく削り出しで製造

 こうして形こそオリジナルにそっくりな部品が出来上がりましたが、新品のクリアーさがかえってネックに。退色した自販機にそのまま付けると、雰囲気が台無しになってしまいます。そこで、担当者は見本と同様の調色に挑戦。シビアな調整に苦労しながらも、古びたアメ色に仕上げました。

自販機 ピカピカの新造パーツ。このまま取り付けてもまわりから浮いてしまう
自販機 見本(左)に合うよう、古びたように調色。ここでも強度を考慮して、塗装せずに染色している

 こだわりの部品は中古タイヤ市場へ届けられ、自販機は無事復旧し往時の姿を取り戻しました。担当者は「取り付け作業の最中にもお客さんがハンバーガーを買うため待機していて、このボタンをお店だけではなく、多くのかたがたが待ちわびていたのだとひしひしと感じ、胸が熱くなりました」と、取材に答えました。

自販機 新たに取り付けられたエッチアイ技研製パーツ(中央)。両隣に比べると傷がなく、若干新しく見えますが、また多くのお客さんが訪ねるごとに、周囲となじんでいくことでしょう

協力・画像提供:エッチアイ技研(@HIGIKEN

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」