ニュース
» 2021年12月22日 18時00分 公開

【骨折したまま自転車通学していたワケ】高校生のころ、右足の骨折を“誰にも気付かれないまま”生活していた話(1/2 ページ)

折れたまま球技大会に出ちゃうくらい、気付かれなかったそうな。

[ねとらぼ]

 「学校は机に座って勉強するだけの場所ではない」とよく言われますが、それゆえにさまざまな事故やトラブルも起こりうるもの。ねとらぼ読者からそんな体験談を伺う本企画、今回は「高校生のころ、脚の骨が折れていることに気付かないまま生活していた」というお話。

脚を骨折したまま自転車通学

 高校3年生のころ、脚を骨折したまま病院に行かずに生活していたことがあります。腫れあがってしまって、クラスでは「バオバブの木」と呼ばれていました。

―― 軽い捻挫(ねんざ)程度ならともかく、骨折を放置していたのはどうしてでしょうか?

 当時は高校生活最後の学校行事となる、球技大会を控えていた時期。クラス対抗サッカーの模擬試合として、芝生の上で5人対5人ほどのフットサルをしていると、皆テンションがハイになっていって、ゴールが決まったら敵味方関係なく喜んでいました。

 そのときに相手チームのお調子者がスライディングしてきました。彼とは仲が良かったので、ハイテンションのままふざけて転ばせようとしてきたのだと思います。

 ただ、勢い余って右脚にヒットしたスライディングは、今まで体験したことのない痛さでした。

 それから脚に力が入らなくなってしまったのですが、僕は骨折経験がなかったので捻挫だと思って。家に帰ると親から痛み止めをもらって、脚を冷やしました。

―― その状態でどうやって生活していたんです?

 骨折したほうの足に力が入らず立てないので、基本的にはケンケンです。

 通学時は自転車を片足で漕ぎ、学校に着いたらクッション代わりに靴下の中にポケットティッシュの束を入れて、壁に手をつけば多少歩ける状態にしていました。

 クラス内でも捻挫で通していましたし、痛がりつつも普通に通学している僕を見て、まさか骨折しているとは思わなかったようでした。

―― “脚を骨折したまま自転車通学”なんて聞いたことないでしょうしね、誰も。

 試合当日になっても脚の痛みは引きませんでしたが、欠員が出るとチームが出場停止になりかねないため、靴の中に大量のティッシュを詰め、用量の3倍の痛み止めを飲んで、参加しました。

 力が入らず走ることができないため、仲間からは「じゃま!」と言われましたが、女子からの黄色い声援を受け、良いところ見せようとしました。飛んできたボールを1回だけヘディングする機会があったのですが、ボールがちょっとだけ前に飛ばせてうれしかったです。試合には負けました。

 家に帰ると脚がぱんっぱんに腫れていました。

―― ムチャしやがって……。

 親から「早く病院行け!」と言われ、翌日行くと「腓骨」という骨が折れていたことが判明し、その日からしばらく松葉杖生活に。最初にお話しした通り、腫れすぎた脚が世界史の資料集に載っている「バオバブの木」に似ているということで、脚が治るまでそのあだ名で呼ばれていました。

 ちょっとムカついて最初は反論していたのですが、本当にそっくりだったので、自分でもそのうち「まあいいか」と思ってバオバブの木でいることにしました。

―― その後、気を付けるようになったことなどありますか?

 骨折したらとにかく安静にすることが大事だと思いましたね。僕は治りが1週間遅くなってしまいました。

 松葉杖の生活はとにかく大変で、受験も控えていた時期ということもあり、精神的な負担も感じました。

―― ちなみに、骨折のきっかけになった“相手チームのお調子者”との関係はどうなりました?

 正直、球技大会当日までは「試合が迫っているのに走れなくなってしまった」と、彼に対して少々イライラしていました。でも「治らなかったら仕方ない」と思っていましたし、何より、ケガの痛みよりもあの模擬試合の青春の楽しい感じが勝って、ギスギスした関係にはなりませんでしたね。

 骨折が発覚したあと、“お調子者”くんは何日間もしばらく謝ってきてくれたのですが、折ろうと思ってやったわけでないことは分かっていたので、笑い話にしました。

【おすすめ記事】その他の「学校で事故った体験談



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」