ニュース
» 2021年11月02日 19時30分 公開

ゴミだらけになったハロウィーンの渋谷でゴミ拾いする“リアルライフヒーロー”に称賛の声 活動の発起人に話を聞いた(1/2 ページ)

「誰でもヒーローになれるんです」

[関口雄太,ねとらぼ]

 ハロウィーンのお祭り騒ぎで散らかった東京・渋谷に日常を取り戻す「リアルライフヒーロー」の地道な清掃活動が、一つのヒーローのあり方として輝いています。

ゴミだらけになった渋谷の街にヒーローが集結 ハロウィーン後のゴミ掃除発起人に話を聞いた ハロウィーン後の平和を守るヒーロー(スラウザーさんは後方の左から2番目)

 「NEXUSFOREVER」というチームのリーダーとして、2018年からリアルライフヒーローの活動を続けるスラウザー【R.L.H】(@skullrouser1996)さん。渋谷にはハロウィーンで騒がしい時間帯から潜入しますが、お祭り状態の渋谷ではヒーローの衣装は着ずに私服で清掃とパトロールを行い、ひっそりと目立たない姿で活動します。

 早朝が近づき人がいなくなり始めたころ、リアルライフヒーローの活動を開始。オリジナルのヒーロー衣装に身を包み、「本来の姿」でトングを片手に空き缶やペットボトル、タバコの吸い殻など散らかったゴミを回収していきます。ひと目につかないように街の平和に貢献する姿に、ヒーローとしての威厳が漂います。

ゴミだらけになった渋谷の街にヒーローが集結 ハロウィーン後のゴミ掃除発起人に話を聞いた 盛り上がる街中では静かに私服で街を見守る
ゴミだらけになった渋谷の街にヒーローが集結 ハロウィーン後のゴミ掃除発起人に話を聞いた 早朝からはゴミ拾いを開始

 「カッコよすぎる」「素晴らしい」と称賛される清掃活動について、スラウザーさんに詳しく聞きました。


―― リアルライフヒーローとしてのゴミ拾い活動はいつ頃から始めたのでしょうか?

スラウザーさん もともと中学生からボランティア活動はやっていて、その一環で2017年の渋谷ハロウィーンの清掃活動に行きました。そのときに渋ハロのゴミの状況に驚き、後から普段の渋谷もポイ捨てが多いと知りました。これは1回で終わらせずに継続しなければいけないなと思い、続けることにしました。

―― スラウザーとして活動を始めるきっかけがあったのですか?

スラウザーさん 2017年のボランティアでは、僕も仮装(スラウザーではない)していたのですが、すごく人目に付きたくさんの人が興味を示してくれ、応援してくれました。衣装の力でこの現状や活動を発信していくことはかなり効果的だと思いましたし、自分の活動を応援してもらえるのはとてもモチベーションになります。僕は子どもの頃からずっとヒーローが好きだったので、この活動をやるならオリジナルヒーローに変身したいと思い、スラウザーが生まれました。

―― 渋谷ハロウィーンでの活動はスラウザーさんの呼びかけで始まったのでしょうか?

スラウザーさん 渋ハロのゴミ拾い企画っていろいろとあると思うんですが、今一緒に活動をさせていただいている方々とのご縁は2018年からスタートさせていただいたゴミ拾いイベントがキッカケとなってます。

 そのときはとにかくたくさんの人と集まってゴミ拾いをして渋ハロの朝を奇麗にしたいという想いで、思い切ってイベントにしてTwitterで募集したら30人以上が集まりとてもにぎわいました。

 その後、ゴミ拾いを続ける人が増えたり、そこで出会った人に渋谷の活動でいろいろと助けてもらったり、とてもいい縁ができてます。

―― ヒーロー同士の連絡手段について聞かせて下さい

スラウザーさん ヒーローたちしか持っていない専用の通信機があり、そこに専用コードを入力することで連絡を取り合っています。嘘です。

 LINEやTwitterのDM。ごく普通の連絡手段です。

―― 去年(2020年)の渋谷ハロウィーンでは活動を自粛されたかと思うのですが、今年(2021年)は2019年と比べいかがでしたか?

スラウザーさん 人の流れは減っていますね。2019年までは歩行者天国でも満員電車のような状態がありましたが、今年は人の流れが戻りつつあっても、最低限のソーシャルディスタンスなどは気にしているのかなと感じました。

―― 今年の参加人数を教えてください

スラウザーさん 合計で8人。活動中は人数を入れ替えながら、常に5人ほどで活動していました。

―― 今後の活動について抱負コメントをお願いします!

スラウザーさん リアルライフヒーローというコンテンツをもっと世の中に広めたいですね。心の中に「何かしら誰かの役に立ちたい」という感情がくすぶっている人たちはたくさんいます。そんな人はヒーローになる第一歩。しかしどうしても一歩が重い。そんな人達の一歩を踏み出すキッカケになりたいです。

 僕も私生活や仕事においては全然すごい人間じゃないけど、地道に活動を続けてヒーローやれてます。気持ちがあれば誰でもヒーローになれるんです。


 リアルライフヒーローを始めるキッカケになった2017年の渋谷について、「辺り一面ゴミだらけで拾っても拾ってもキリがない。匂いも凄かったです」と語るスラウザーさん。荒れ果てた様子に圧倒されつつも、活動を続ける姿は渋谷の平和を守るヒーローそのもの。

 「気持ちがあれば誰でもヒーローになれるんです」と呼びかけるように、リアルライフヒーローの活動は誰かの役に立ちたい気持ちに優しく火を灯してくれます。

ゴミだらけになった渋谷の街にヒーローが集結 ハロウィーン後のゴミ掃除発起人に話を聞いた 「渋ハロの朝はいつも、1年で1番綺麗な渋谷でありたい」

画像提供:スラウザー【R.L.H】(@skullrouser1996)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」