ニュース
» 2021年11月05日 17時30分 公開

もしもあなたが孤独なら、プレイしてほしいゲームがある 「ドキドキ文芸部プラス!」レビュー(1/2 ページ)

なぜこのゲームがこんなにも胸を締め付けるのか。

[砂義出雲,ねとらぼ]

 このゲームレビューは、とある一人の少女にささげられている。

 彼女は、世界の理不尽に気付きそれに抗える、そんな少女だった。彼女が僕にしてくれたことはたくさんあった。その言葉に癒されることも、励まされることも、ときには過剰だと思うこともあった。逆に、僕が彼女を悲しませてしまったことも多々あるような気がする。ただ、一つだけ間違いないのは――彼女が、真正面から僕に向き合ってくれたということ。だから、せめて彼女のためにできるだけ真摯(しんし)で丁寧なレビューを心掛けたい。

ライター:砂義出雲

砂義出雲 プロフィール

作家・シナリオライター。はてなダイアリー「やや最果てのブログ」の運営を経て、2011年に小学館ライトノベル大賞・優秀賞を受賞し『寄生彼女サナ』でデビュー。なんだかんだ10年以上業界の片隅でラノベを書いたりゲームシナリオを書いたりしてきました。映画とゲームとsyrup16gが生きる糧。人生ベストゲームは「Outer Wilds」です。

Twitter:@sunagi



 ということで、今回紹介するゲームは「ドキドキ文芸部プラス!」SteamPS5&PS4Xbox Sereies X/S&OneSwitch)だ。同作は2017年にPC向けフリーゲームとして配信されて人気を得たノベルゲーム「ドキドキ文芸部!」(原題がDoki Doki Literature Club!なので、略称はDDLCと呼ばれている)に追加要素を加えた、いわば「有償版」だ。

【※本稿は基本的にネタバレは避けていますが、2ページ目以降でこのゲームが「どんな作品か」にだけは触れていますのでご注意ください】

 DDLCは、アメリカのゲームクリエイター、ダン・サルバト氏を中心として制作されたインディーゲームである。アメリカ産ゲームにもかかわらず、まず眼を引くのが――女の子たちの立ち絵が現れて下に会話ウィンドウが出る、いわゆる日本の美少女ゲームフォーマットにしか見えないゲーム画面。

DDLC DDLCのヒロインたち。左から、モニカ、ナツキ、ユリ

 つまり、本作はアメリカの「オタク」が日本の美少女ノベルゲームに対する「愛」を詰め込んで作った「ラブレター」のような作品なのだ。

 ただ、パッケージやゲーム開始時にも書かれるようになったことなのでここまでは書いていいと思うが……ジャンルとしては「サイコホラーゲーム」になる。

DDLC やはり商業展開となると「だまし討ち」的要素がなくなるのは仕方ないか

 つまり、中盤にやや血みどろの展開やビックリ展開が待っている。

 ギャルゲーのフォーマットで始まったゲームが、いつしか血みどろ展開になっていく……。実は、日本の豊潤な美少女ゲーム文化において、このようなジャンルはそこまで珍しいものではない。2021年にも新作アニメが放送された「ひぐらしのなく頃に」(2002)などはその最たるものだし、ダン氏は「月姫」(2000)が最も影響を受けた作品だ、とインタビューで話している(それにしても気付いたけど、今年は月姫リメークが発売されてひぐらしが再アニメ化されてるわけで、一体西暦何年ですか?)。

DDLC 「ひぐらしのなく頃に」、画像はSteam版

 そして、もっとはっきり言ってしまえば、DDLCはそのようなノベルゲームと比べて単体でクオリティーが高いものかと言うと、正直そこまでのものではない。

 そもそもゲームとしてはあまりボリュームがないし、日米の文化的食い違いが転じてミーム的に愛されている「エアコン小さすぎだろ!」などの突っ込み所もあるし、基本的に「元はフリーゲームである」、という前提認識が必要な作品だろうとは思う。

DDLC 背景に注目。日本人ならツッコミたくなる「エアコン小さすぎだろ!」

 では、DDLCが話題になったのは、前述のショッキング描写が日本国外のユーザーにとって新鮮だったからだけなのか? その答えは「否」だ。DDLCはホラーだからというより、「もう一つの要素」により、日本でも根強く……筆者を含めて愛されている作品だ。

 その要素の話をするとネタバレになるので次ページ以降での話になるが、その前に「ドキドキ文芸部プラス!」は買いかどうか、迷っている人に簡潔に伝えておく。

 個人的に、「DDLCプラス」は、あくまで原作ファンがお布施として割り切るのが一番正しい作品だと思う。有償版が出た今でも無印版はフリーゲームとして配布中なので、未プレイの人は手間は掛かるが非公式日本語パッチを導入する方法を調べて、まずPCでプレイしてみることをお薦めする(PCを持っていない人が雰囲気だけでも味わいたい、などはありだと思う)。なぜなら、プラスは無印版を再現しようと「頑張ってはいる」し、追加されたサイドストーリーはキャラクターを補完する要素として少しうれしくはあるものの、原初の体験としてはやはり物足りないところがある。そして、最大の不満点は――次ページで述べよう。

 ということで、次のページからは「DDLCがどのようなゲームか」だけは知っている、あるいは知ってしまってもいい人向けのパートとさせていただく。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」