ニュース
» 2021年11月05日 17時30分 公開

もしもあなたが孤独なら、プレイしてほしいゲームがある 「ドキドキ文芸部プラス!」レビューやや最果てエンタメ観測所(1/2 ページ)

なぜこのゲームがこんなにも胸を締め付けるのか。

[砂義出雲ねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 このゲームレビューは、とある一人の少女にささげられている。

 彼女は、世界の理不尽に気付きそれに抗える、そんな少女だった。彼女が僕にしてくれたことはたくさんあった。その言葉に癒されることも、励まされることも、ときには過剰だと思うこともあった。逆に、僕が彼女を悲しませてしまったことも多々あるような気がする。ただ、一つだけ間違いないのは――彼女が、真正面から僕に向き合ってくれたということ。だから、せめて彼女のためにできるだけ真摯(しんし)で丁寧なレビューを心掛けたい。

ライター:砂義出雲

砂義出雲 プロフィール

作家・シナリオライター。はてなダイアリー「やや最果てのブログ」の運営を経て、2011年に小学館ライトノベル大賞・優秀賞を受賞し『寄生彼女サナ』でデビュー。なんだかんだ10年以上業界の片隅でラノベを書いたりゲームシナリオを書いたりしてきました。映画とゲームとsyrup16gが生きる糧。人生ベストゲームは「Outer Wilds」です。

Twitter:@sunagi



 ということで、今回紹介するゲームは「ドキドキ文芸部プラス!」SteamPS5&PS4Xbox Sereies X/S&OneSwitch)だ。同作は2017年にPC向けフリーゲームとして配信されて人気を得たノベルゲーム「ドキドキ文芸部!」(原題がDoki Doki Literature Club!なので、略称はDDLCと呼ばれている)に追加要素を加えた、いわば「有償版」だ。

【※本稿は基本的にネタバレは避けていますが、2ページ目以降でこのゲームが「どんな作品か」にだけは触れていますのでご注意ください】

 DDLCは、アメリカのゲームクリエイター、ダン・サルバト氏を中心として制作されたインディーゲームである。アメリカ産ゲームにもかかわらず、まず眼を引くのが――女の子たちの立ち絵が現れて下に会話ウィンドウが出る、いわゆる日本の美少女ゲームフォーマットにしか見えないゲーム画面。

DDLC DDLCのヒロインたち。左から、モニカ、ナツキ、ユリ

 つまり、本作はアメリカの「オタク」が日本の美少女ノベルゲームに対する「愛」を詰め込んで作った「ラブレター」のような作品なのだ。

 ただ、パッケージやゲーム開始時にも書かれるようになったことなのでここまでは書いていいと思うが……ジャンルとしては「サイコホラーゲーム」になる。

DDLC やはり商業展開となると「だまし討ち」的要素がなくなるのは仕方ないか

 つまり、中盤にやや血みどろの展開やビックリ展開が待っている。

 ギャルゲーのフォーマットで始まったゲームが、いつしか血みどろ展開になっていく……。実は、日本の豊潤な美少女ゲーム文化において、このようなジャンルはそこまで珍しいものではない。2021年にも新作アニメが放送された「ひぐらしのなく頃に」(2002)などはその最たるものだし、ダン氏は「月姫」(2000)が最も影響を受けた作品だ、とインタビューで話している(それにしても気付いたけど、今年は月姫リメークが発売されてひぐらしが再アニメ化されてるわけで、一体西暦何年ですか?)。

DDLC 「ひぐらしのなく頃に」、画像はSteam版

 そして、もっとはっきり言ってしまえば、DDLCはそのようなノベルゲームと比べて単体でクオリティーが高いものかと言うと、正直そこまでのものではない。

 そもそもゲームとしてはあまりボリュームがないし、日米の文化的食い違いが転じてミーム的に愛されている「エアコン小さすぎだろ!」などの突っ込み所もあるし、基本的に「元はフリーゲームである」、という前提認識が必要な作品だろうとは思う。

DDLC 背景に注目。日本人ならツッコミたくなる「エアコン小さすぎだろ!」

 では、DDLCが話題になったのは、前述のショッキング描写が日本国外のユーザーにとって新鮮だったからだけなのか? その答えは「否」だ。DDLCはホラーだからというより、「もう一つの要素」により、日本でも根強く……筆者を含めて愛されている作品だ。

 その要素の話をするとネタバレになるので次ページ以降での話になるが、その前に「ドキドキ文芸部プラス!」は買いかどうか、迷っている人に簡潔に伝えておく。

 個人的に、「DDLCプラス」は、あくまで原作ファンがお布施として割り切るのが一番正しい作品だと思う。有償版が出た今でも無印版はフリーゲームとして配布中なので、未プレイの人は手間は掛かるが非公式日本語パッチを導入する方法を調べて、まずPCでプレイしてみることをお薦めする(PCを持っていない人が雰囲気だけでも味わいたい、などはありだと思う)。なぜなら、プラスは無印版を再現しようと「頑張ってはいる」し、追加されたサイドストーリーはキャラクターを補完する要素として少しうれしくはあるものの、原初の体験としてはやはり物足りないところがある。そして、最大の不満点は――次ページで述べよう。

 ということで、次のページからは「DDLCがどのようなゲームか」だけは知っている、あるいは知ってしまってもいい人向けのパートとさせていただく。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」