ニュース
» 2021年11月10日 22時00分 公開

【漫画】愛犬を空へ送った飼い主が体験した不思議な出来事とは…… やさしくてあたたかいエピソードに涙がこぼれる(1/2 ページ)

きっと近くにいてくれるよね。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 愛犬をお空へ見送った女性が体験した、不思議で心あたたまる物語がTwitterで紹介されています

私とランはいつも一緒

 主人公の女性が9歳の頃、1匹の子犬をお迎えしました。「ラン」ちゃんと名付けた子犬は愛嬌たっぷりのかわいい子。お散歩に行ったり、同じ布団で寝たり、いつも一緒に過ごしていました。具合が悪くなると心配してそばにいてくれるやさしい子でした。

あるおいぬのお話 9歳の頃、「ラン」ちゃんという子犬をお迎えした主人公
あるおいぬのお話 いつも一緒に過ごしていました

 ときには盛大にイタズラをして叱られることもあったランちゃん。入学式や卒業式など、人生の節目節目を見守ってくれていました。

あるおいぬのお話 ときにはイタズラを叱ることもありましたが
あるおいぬのお話 人生の節目節目を見守ってくれました

 大人になった女性のために父親が庭にプレハブの部屋を用意してくれました。しかしエアコンが付いていない夏のプレハブ部屋は、なかなかの暑さ。でもランちゃんは気に入ってくれたようです。涼しくなったら一緒に寝ようね、と約束するのでした。

あるおいぬのお話 プレハブの部屋をもらった主人公
あるおいぬのお話 エアコンが付いておらず、暑い部屋でしたが
あるおいぬのお話 ランちゃんは満足そうです

 そんなある日、ランちゃんが乳がんであることを告げられます。ずっと元気だと思っていたけど、ランちゃんはすでに14歳。犬としては高齢であることに気付かされます。

あるおいぬのお話 そんなある日、ランちゃんが乳がんであることを告げられます
あるおいぬのお話 ずっと元気だと思っていたランちゃんも14歳になっていました

 家族全員で介護をしましたが、少ししてお空へ旅立ってしまったランちゃん。ランちゃんと離れ離れになることが考えられなかった女性は、自分のプレハブ部屋のすぐ横の木の近くに埋めてもらいました。

あるおいぬのお話 家族全員で介護を始めますが
あるおいぬのお話 ランちゃんはお空へ旅立ってしまいました
あるおいぬのお話 自分の部屋のすぐ横にランちゃんを埋めてもらいました

 ランちゃんが近くにいてくれる気がして安心感があったという女性。その年の夏に体験した不思議な出来事は、ぜひ漫画を読んで確かめてみてください。

 この漫画を描いたのはイラストレーターのじゅん(@kametan_jun)さん。エピソードはフォロワーさんから寄せられたものとのことです。

 じゅんさんはTwitterの他、Instagram(@jun8213kame)でも作品を公開中。単行本『こんにちは、いぬです』シリーズや、LINEスタンプも販売中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」