ニュース
» 2021年11月11日 20時00分 公開

「夫や親族を次々と亡くしても泣かない」「気味が悪い」――悪評の立つ婦人に金を借りに行く漫画が胸に刺さる(1/2 ページ)

“或ル婦人”が無礼に振る舞う理由とは。

[Tomo,ねとらぼ]

 「夫を亡くしてもケロッとしている」「気味が悪い」「失礼」――評判の悪い女性に、お金を借りに行く漫画「或ル婦人」が胸に響くと好評です。

何かと悪評の多い女性は……

 夫の由一を亡くし、下女と2人で暮らすみや子を尋ねる野津。みや子はまだ若く美しくお金もありますが、嫁いで間もなく夫やその親族が相次いで亡くなったことで、親戚には良く思われていません。「周囲の親族が次々亡くなっても泣かない」「世話を申し出る男に悪言を吐く」など悪い風聞も。そんなみや子を野津が訪ねるのは、暮らしに窮し、お金を借りるためでした。

夫と親族を相次いで亡くしたみや子

 実際会ってみると、野津は凜としたみや子の居住まいに気圧されます。着物を左前に着て、ウワサ通りの無礼な振る舞いを見せ、「怖いもの無いの」と堂々と言い切るみや子。しかし、野津が由一から借りていた本を返すと様子が変わります。

無礼な振る舞いの裏には……

 本にはさまれていた由一の手書きの紙片を見つめながら、「あの人のいない私なんて無いようなものなの」と亡き夫への思いを口にするみや子。野津は、彼女がなぜあえて縁起の悪いことをするのか、無礼な振る舞いをするのか、その真意に気付くのでした――。


 怖い物知らずで傍若無人。そう振る舞っているみや子が見せた深い思いが切なく、悲しくも美しい物語に心をつかまれます。強く後を引く余韻の残るお話です。

 作者は漫画家のD・キッサン(@d_kissan)さん。同作は10月末に電子版が配信開始となった短編集『電子特装版 矢継ぎ早のリリー』に収録。併せて短編集『ゆり子には内緒』の電子版も解禁されました。また新作『神作家・紫式部のありえない日々』の連載スタートを記念し、11月19日からは過去作や新作を200ページ以上収録した試し読み冊子が配信予定となっています。

作品提供:D・キッサン(@d_kissan)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」