ニュース
» 2021年11月11日 20時00分 公開

ママが外に出ている間に1歳息子が鍵を閉めちゃった! 「悪意のない締め出し」を注意喚起するママの漫画にゾッとする(1/2 ページ)

スマートフォンは肌身離さず持っておこう。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 ほんの数分間外へ出ているすきに1歳の息子が窓の鍵を閉めてしまい、家の中へ入れなくなってしまったママの経験談がInstagramに投稿されています。

息子に締め出された話 息子に締め出された話

 漫画を描いたのは、イラストレーターのねんね(66666nenne)さん。漫画に描かれているのは、今年7月頃、外の気温が30度を超えたある真夏日の出来事です。

息子に締め出された話 水やりをするために窓から外へ
息子に締め出された話 扉をしっかり閉めると……
息子に締め出された話 息子くんが鍵を掛けてしまいました!
息子に締め出された話 スマホも鍵も手元にありません

 当時1歳半の息子くんとリビングで遊んでいたねんねさんは、庭で水やりをしようと思い立ち、「ちょっと待っててね」と声をかけて窓から外へと出ました。

 息子くんが勝手に外に出てしまうと危ないと思い、後ろ手に窓をしっかりと閉めてから水やりを始めたねんねさん。しかし、しばらくすると「ガチャン」という不吉な音が耳に入りました。……そう、息子くんが窓の鍵を閉めてしまったのです!

 すぐに部屋へ戻るつもりだったねんねさんの手元には、家の鍵もスマートフォンもありません。部屋へ戻る術はなく、完全に家から締め出された状態に。これはまずいぞ……!

息子に締め出された話 鍵はかけられても開けることはできない息子くん
息子に締め出された話 向こうへ行ってしまいました……

 ねんねさんは窓の外から必死で「開けて〜」と声をかけますが、息子くんはきょとんとするばかり。鍵にかろうじて手は届くものの、開けることができないようです。

 息子くんが部屋の奥へ行ってしまったので慌てて玄関へ向かいましたが、もちろんドアの鍵は開いていません。ねんねさん以外に家の鍵を持っているのは、会社へ行っているパパと車で10分ほどの距離に住む実母だけです。

息子に締め出された話 偶然遭遇したお隣さんに助けを求めました
息子に締め出された話 優しい人で良かった……
息子に締め出された話 息子くんは1人で遊んでいます

 すると、お隣の奥さんがたまたま庭に出ているのが見えました。ねんねさんは「すいませ〜ん!」と大声をあげて助けを求めます。

 事情を説明すると、お隣さんは快く電話を貸してくれました。唯一番号を暗記していた実家にかけてみたところ、留守電になってしまったため、借りたスマートフォンでパパの会社の電話番号を調べて問い合わせをすることに。

 その間、お隣さんは冷たい飲み物を差し入れしてくれたり、ペンやメモを貸してくれたり、困っているねんねさんを気にかけてくれたといいます。やさしい人で本当に良かった……!

息子に締め出された話 パパに電話がつながりました
息子に締め出された話 お母さんが来てくれて、無事に家の中へ

 その後、紆余曲折がありながらもなんとかパパに事情を説明することが出来ました。そしてパパからお母さんに連絡を繋いでもらい、鍵が届けられることに。

 こうして、約1時間ぶりに家へ入ることができたねんねさん。息子くんに「一人でさみしかったね! ごめんね!」と声をかけて強く抱きしめるのでした。

息子に締め出された話 やさしいお隣さんに会えたのは不幸中の幸いでした
息子に締め出された話 良かれと思って扉を閉めたのがNGポイント
息子に締め出された話 スマホを肌身離さず持つようになったといいます

 ねんねさんは投稿の中で、当日を振り返って反省している点や、外へ出るときに気を付けていることをまとめています。

 まずNGだったのは、良かれと思ってやった「扉を閉める」という行動。扉を開け放っておけば息子くんの動きもよく見えるので、締め出されることはなかったはずです。ねんねさんは今回の経験以来、庭に出るときには扉を開けたままにし、普段以上に息子くんから目を離さないようにしているといいます。

 また、同様に気を付けているのが、スマートフォンを肌身離さず持つということ。万一の時に、すぐに家族と連絡がとれるようにしておくのが大切ですね。

 この投稿には、「こ、ここここ、怖い…! こういうのたまに見ますけどほんと猛暑はキツいですね」「これは焦りますね…。自分もこれから気をつけねばとおもいました」という声が届いています。また、ねんねさんと同じような経験をしたという人も多いようで、「私は三階マンションのベランダでされました」「私もちょうど先週締め出されて詰みました……ほんまにめっっつちゃ焦りますよね?!もう2度と経験したくない……」という経験談も寄せられていました。

 「まだ小さいから」と油断をしていると、思いもよらない行動を起こしてしまう子どもたち。細心の注意を払って見守りつつ、もしもの時のために日頃から出来る限りのことを心掛けておかなくてはいけませんね。

 ねんねさんは、この他にも息子くんとの生活をやさしくあたたかいタッチで漫画やイラストに描き、Instagramで発表しています。

画像提供:ねんね(66666nenne)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」