つい話したくなる子どもの「かわいい失敗エピソード」、でも本人にとっては…… 「子どもを笑わない」と自戒するママの漫画が考えさせられる(1/2 ページ)

ついやってしまいがちだけど、気を付けたい。

» 2021年11月12日 20時00分 公開
[ちゃすこねとらぼ]

 子育てをしていると毎日のように飛び出す、子どもの面白おかしいエピソード。つい人に話したくなるのが親心というものですが、その行為が子どもを傷つけるきっかけになることもあるのかもしれません。

 かつて母親に笑われた経験を振り返りながら、自らの子育ての信念について自戒を込めて描くママの漫画がInstagramに投稿され、反響が寄せられています。

君を笑わない 「君を笑わない」

 投稿者は、生後7カ月の息子くんを育てる南波くわしく(kwsk8128)さん。南波さんが妊娠中に公園で散歩をしていたとき、自転車に乗る練習をしている親子の真剣な様子を見て思い出したのは、幼いころに母親から「かわいい」と大笑いされたエピソードでした。

君を笑わない 南波さんが幼いころの話
君を笑わない 「東京って日本なんだっけ?」と子どもらしい疑問が浮かんで……
君を笑わない お母さんにこっそり尋ねてみました

 それは、南波さんがまだ未就園児だったころのお話です。ある時、親の友人家族が東京から遊びに来たことがありました。長崎出身の南波さんにとって、東京は「海を渡っていく場所」「テレビで見た憧れの都会」です。

 ふと、「東京って日本なんだっけ?」と子どもらしい疑問が浮かんだ南波さん。もし間違っていたら恥ずかしいからと、お母さんにこっそりと尋ねてみることにしました。

君を笑わない 「誰にも言わないで」と頼んだのに……
君を笑わない 笑いの種にされてしまいました
君を笑わない “かわいい”ってなんだろう

 「あのね、誰にも言わないでね」と念を押し、耳に口を寄せて「東京って外国じゃないの?」と聞いてみると……お母さんは突然大声で笑い出しました。そして「ちょっと聞いて〜!」と友人たちに声をかけ、みんなの前で笑い話として話してしまったのです。

 必死で「言わないで! やめて!」と引き留める南波さんを、お母さんは「かわいいからいいじゃん」とあしらいました。幼い南波さんには、いったい何が「かわいい」のかさっぱりわかりません。大勢の人から笑われた恥ずかしさと、「話さないで」と言ったそばから笑い話にされてしまったことに深く傷つき、南波さんの目からは涙がぼろぼろとこぼれ落ちました。

君を笑わない 自身が親になってわかった気持ち
君を笑わない ほほ笑ましいことは共有したくなるけれど……
君を笑わない 本当は、笑わないでほしかった
君を笑わない 笑わず向き合ってほしかった

 時がたち、南波さんは1児の母になりました。

 息子くんが少しずつ成長していくたびに、思わず笑ってしまうことやほほ笑ましいことが日々積み重なり、愛しさとなって胸の奥にたまっていきます。そしてそれを、「かわいいから」という理由で誰かに共有したくなったお母さんの気持ちが理解できるようになったのでした。

 それでも、あの日お母さんに笑われたことが、いまだに南波さんの胸の奥にしこりとして残っているのも事実。笑わず、真剣に話を聞いてほしかった幼い自身を振り返りながら、南波さんは息子くんの子育てに思いをはせます。

君を笑わない 親となった南波さんの思い
君を笑わない 自戒を込めて描いた漫画だといいます
君を笑わない ほほ笑ましいエピソードをこっそり振り返らせてね

 息子くんが一生懸命頑張っていることに気付いてあげたい。必死で頑張る姿を決して笑わない。「話さないで」といわれたら、話さない。息子くんの信頼を裏切らないこと、最大の味方であり続けることを、南波さんは強く決意するのでした。

 ただひとつだけ、息子くんが眠りについたあとに夫婦でその日の成長を振り返り「かわいいなぁ」「ほほ笑ましいなぁ」と夫婦で笑いあう時間だけはどうか許してほしいと、漫画を結んでいます。

 この投稿には、「親になった今なら失敗すらも可愛い気持ちわかるけど、当時は嫌だったなぁ」「私も笑われたりするのすごく恥ずかしかった記憶はあるのに、そんなこともすっかり忘れてついつい娘のことがかわいくって笑ってたなーと振り返る良い機会になりました」と自身の幼少期を振り返るコメントや、「ただ可愛いと笑うだけじゃなくて、しっかり向き合っていることを伝えられる親になりたいと思いました」「今2歳の娘は行動も言動も可愛い事ばかりで、ついつい周りに話したくなりますが、これからはちょっと考えてから話そうと思います」と、育児について考えるきっかけになったという声が寄せられています。

 子育てをしていると、思わず笑ってしまうような出来事がたびたび起こるもの。それがほほ笑ましさや愛しさにつながることは事実ですが、子どもの心を傷つけず、信頼を裏切らないように接していけたらいいですね。

 南波さんはこの他にも身近な育児エピソードを描いたエッセイ漫画をInstagramに投稿しています。

画像提供:南波くわしく(kwsk8128)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」