ニュース
» 2021年11月12日 20時00分 公開

つい話したくなる子どもの「かわいい失敗エピソード」、でも本人にとっては…… 「子どもを笑わない」と自戒するママの漫画が考えさせられる(1/2 ページ)

ついやってしまいがちだけど、気を付けたい。

[ちゃすこ,ねとらぼ]

 子育てをしていると毎日のように飛び出す、子どもの面白おかしいエピソード。つい人に話したくなるのが親心というものですが、その行為が子どもを傷つけるきっかけになることもあるのかもしれません。

 かつて母親に笑われた経験を振り返りながら、自らの子育ての信念について自戒を込めて描くママの漫画がInstagramに投稿され、反響が寄せられています。

君を笑わない 「君を笑わない」

 投稿者は、生後7カ月の息子くんを育てる南波くわしく(kwsk8128)さん。南波さんが妊娠中に公園で散歩をしていたとき、自転車に乗る練習をしている親子の真剣な様子を見て思い出したのは、幼いころに母親から「かわいい」と大笑いされたエピソードでした。

君を笑わない 南波さんが幼いころの話
君を笑わない 「東京って日本なんだっけ?」と子どもらしい疑問が浮かんで……
君を笑わない お母さんにこっそり尋ねてみました

 それは、南波さんがまだ未就園児だったころのお話です。ある時、親の友人家族が東京から遊びに来たことがありました。長崎出身の南波さんにとって、東京は「海を渡っていく場所」「テレビで見た憧れの都会」です。

 ふと、「東京って日本なんだっけ?」と子どもらしい疑問が浮かんだ南波さん。もし間違っていたら恥ずかしいからと、お母さんにこっそりと尋ねてみることにしました。

君を笑わない 「誰にも言わないで」と頼んだのに……
君を笑わない 笑いの種にされてしまいました
君を笑わない “かわいい”ってなんだろう

 「あのね、誰にも言わないでね」と念を押し、耳に口を寄せて「東京って外国じゃないの?」と聞いてみると……お母さんは突然大声で笑い出しました。そして「ちょっと聞いて〜!」と友人たちに声をかけ、みんなの前で笑い話として話してしまったのです。

 必死で「言わないで! やめて!」と引き留める南波さんを、お母さんは「かわいいからいいじゃん」とあしらいました。幼い南波さんには、いったい何が「かわいい」のかさっぱりわかりません。大勢の人から笑われた恥ずかしさと、「話さないで」と言ったそばから笑い話にされてしまったことに深く傷つき、南波さんの目からは涙がぼろぼろとこぼれ落ちました。

君を笑わない 自身が親になってわかった気持ち
君を笑わない ほほ笑ましいことは共有したくなるけれど……
君を笑わない 本当は、笑わないでほしかった
君を笑わない 笑わず向き合ってほしかった

 時がたち、南波さんは1児の母になりました。

 息子くんが少しずつ成長していくたびに、思わず笑ってしまうことやほほ笑ましいことが日々積み重なり、愛しさとなって胸の奥にたまっていきます。そしてそれを、「かわいいから」という理由で誰かに共有したくなったお母さんの気持ちが理解できるようになったのでした。

 それでも、あの日お母さんに笑われたことが、いまだに南波さんの胸の奥にしこりとして残っているのも事実。笑わず、真剣に話を聞いてほしかった幼い自身を振り返りながら、南波さんは息子くんの子育てに思いをはせます。

君を笑わない 親となった南波さんの思い
君を笑わない 自戒を込めて描いた漫画だといいます
君を笑わない ほほ笑ましいエピソードをこっそり振り返らせてね

 息子くんが一生懸命頑張っていることに気付いてあげたい。必死で頑張る姿を決して笑わない。「話さないで」といわれたら、話さない。息子くんの信頼を裏切らないこと、最大の味方であり続けることを、南波さんは強く決意するのでした。

 ただひとつだけ、息子くんが眠りについたあとに夫婦でその日の成長を振り返り「かわいいなぁ」「ほほ笑ましいなぁ」と夫婦で笑いあう時間だけはどうか許してほしいと、漫画を結んでいます。

 この投稿には、「親になった今なら失敗すらも可愛い気持ちわかるけど、当時は嫌だったなぁ」「私も笑われたりするのすごく恥ずかしかった記憶はあるのに、そんなこともすっかり忘れてついつい娘のことがかわいくって笑ってたなーと振り返る良い機会になりました」と自身の幼少期を振り返るコメントや、「ただ可愛いと笑うだけじゃなくて、しっかり向き合っていることを伝えられる親になりたいと思いました」「今2歳の娘は行動も言動も可愛い事ばかりで、ついつい周りに話したくなりますが、これからはちょっと考えてから話そうと思います」と、育児について考えるきっかけになったという声が寄せられています。

 子育てをしていると、思わず笑ってしまうような出来事がたびたび起こるもの。それがほほ笑ましさや愛しさにつながることは事実ですが、子どもの心を傷つけず、信頼を裏切らないように接していけたらいいですね。

 南波さんはこの他にも身近な育児エピソードを描いたエッセイ漫画をInstagramに投稿しています。

画像提供:南波くわしく(kwsk8128)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」