ニュース
» 2021年11月17日 17時30分 公開

昭和レトロな「広告っぽい家族写真」がまんまサザエさん 勝手に企業に送るのが好きだった祖父が撮影(1/2 ページ)

昭和30年頃に撮影されました。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 昭和レトロな広告風の写真――。撮影者は投稿者のお祖父さま。広告っぽい写真を撮って勝手に企業に送りつけるのが好きだったといいます。どんな方だったのか、投稿者に話を聞きました。

しょうゆの広告のような写真 本当の広告みたい……

 昭和30年(1955年)頃に撮影された写真には、台所でしょうゆを2リットル瓶から小瓶に移し替えている女性が写っています。女性はおかずを手に持つ子どもにやさしく話しかけていて、温かい日常風景そのものといったところですが……、よく見るとキッコーマンのラベルがよく見えるようにセッティングされています。

 他にも、食卓を囲む家族、しょうゆ瓶を抱える子どもの写真が投稿されています。どれも商品に目が行く構図です。お祖母さまやお父さまもいい表情をしています。

食卓を囲む家族 手前にラベルが見えるようにしょうゆ瓶が置かれている 母と兄がいただきますポーズ
食卓を囲む家族 手前にラベルが見えるようにしょうゆ瓶が置かれている みんなでいただきますポーズ
しょうゆ瓶を抱える少年と出迎える母

 投稿者のイル・カポネさん(@ill_capone)に、話を聞くことができました。

―― 写真が発掘された経緯を教えてください。

イル・カポネさん:ある行事で私の小さい頃の写真が必要となり実家で古い写真を探していたら「わが家の記録」と書かれた古いアルバムがあり、これらの写真が出てきました。

―― 写真を見てどう感じましたか?

イル・カポネさん:はじめは当時の日常を撮影した普通の写真と思い、そこに写る父や祖父母の姿を「若いなぁ」と見ていました。そのとき一緒にいた私の両親が、「広告みたいな写真を撮っていろんなメーカーに送ることを祖父は好きでよくやっていた」と教えてくれました。よく見るとそこに写る商品がよく見えるように撮られていておもしろいなぁと思いました。

―― お祖父さまは、どんな人でしたか?

イル・カポネさん:とても家族思いで仕事熱心な祖父でした。元々、郵便局長をしていましたが父が自分で仕事を始めてからはそちらを手伝うようになりました。水墨画をよく描いており写真が趣味という印象はありませんでしたが、これらの写真を見ると若い頃は相当入れ込んでたんでしょうね。

―― お祖父さまは、どうしてこのようなことを……?

イル・カポネさん:なぜかはわかりませんが、何かとおもしろいことをやりたくなる気持ちは、同じ血が流れてるせいか、わかる気がします。祖父は15年ほど前に他界し、祖母も数年前に他界しましたが、撮影から70年近くたった今、多くの方に見ていただき、そしてたくさんの反響もいただききっとどこかで驚き喜んでいると思います。


 Twitterには他の写真も公開されています。小学館、福助、不二家も勝手に宣伝しちゃっています。どれも印象に残る味わいあるすてきな写真です。

画像提供:イル・カポネ(@ill_capone)さん

高橋ホイコ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」