ニュース
» 2021年11月20日 09時00分 公開

「たいへ〜ん! “お野菜(大麻)”の所持がバレちゃった!」 女囚の生活をゆるふわに描く狂気の漫画『ごくちゅう!』が単行本化(1/2 ページ)

「獄中」もひらがなで書くとほのぼの4コマみたいですね。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「たいへんたいへ〜ん! “お野菜”(大麻)の所持がバレて、ムショ暮らしになっちゃった!」――恐ろしくゆるいノリで女の子の刑務所暮らしを描く漫画、『ごくちゅう!』の単行本第1巻を講談社が発売しました。価格は792円。

アイキャッチ1 「大麻取締法違反 所持累犯」と、書影からして刺激的な言葉が並ぶ『ごくちゅう!』
アイキャッチ2 入園や入学、入社と、春は始まりの季節!
アイキャッチ3 ――からの、私の場合は“入所”でした! フリからの落差がナイアガラ

 コンビ漫画家のこんぱるふじしまぺポさんと、原作担当の草下シンヤさんが、「ヤンマガWeb」に連載している意欲作。体裁こそ絵柄のかわいらしい“ゆるふわコメディ”ながら、入所経験者である雨宮さんの協力の下に、刑務所のルールや慣習をリアルに描いています。

アイキャッチ4

 主人公の晴乃うららは、大麻取締法違反で懲役1年の刑に。導入からしてもう、ゆるふわコメディとしては十分に刺激的ですが、なお恐ろしくリアルなことに、初犯でなく累犯です。ヒロインが常習者。

アイキャッチ5

 けっこうな業を背負っていながら、うららはかなりとぼけた性格の持ち主。独居房から雑居房への転房が決まったときも、同居者と仲良くできるかな? 自己紹介どうしよう? などと、転校初日のノリで思い悩みます。牢名主のイビリとか、もっと心配なポイントありそうだけどなあ。

アイキャッチ6

 雑居房で彼女を迎えたのは、眼光が鋭くて気が強そうな夏川ひまり(業務上横領罪/刑期2年半)、元気でグラマラスな秋月柚木(傷害罪/刑期2年)、物静かでミステリアスな冬白華(罪状不明/刑期8年)。それぞれゆるふわコメディでよく見る個性と、そうそう見ない罪状を持ち合わせた美少女ぞろいです。懲役8年って相当重いけど、いったい華さん何したのよ……。

アイキャッチ7
アイキャッチ8

 そんなくせものぞろいの囚人たちは、うららが捨て身で演じた「わかめのものまね」がきっかけですっかり打ち解けました。ゆるいやりとりのなかに、「所内の娯楽のなさ」「騒ぐと“せんせい”(刑務官)に怒られるので笑いをこらえなくてはならない」など、刑務所の実態がほんのり見えるあたりが秀逸です。

アイキャッチ9 「罪を償ってシャバに戻れるまでよろしく!」――“仲良し4人組が生まれた瞬間”的なヒトコマなのに、セリフが独特すぎる

 「ほのぼの獄中コメディという切り口がすごい」「冤罪とかでなく、普通に犯罪者なところが面白い」「ギャグのようでいて所々の描写はリアルで、変なところで誠実な漫画」など、連載開始時からTwitterで大きな反響を呼んだこの『ごくちゅう!』。2話以降も、着替えやお風呂といったサービスカットのなかに、「朝の支度は6時半の起床から点呼までの10分以内」「入浴は3日に1回(夏場は2日に1回)」など、厳しい生活がかいま見えて興味深いです。

(C)こんぱる&ふじしまペポ/講談社

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/05/news006.jpg 猫「わ……わたしを疑うんですか?」 ボロボロのトイレットペーパーを前にあせる容疑者ニャンの表情がじわる
  4. /nl/articles/2112/05/news027.jpg TBS高畑百合子アナ、第1子男児出産を報告 流産や不妊治療を乗り越え「ようやくこの子に会えました」
  5. /nl/articles/2112/05/news010.jpg しっぽ付きの靴下を履いている子どもに、猫が近づいてきて…… 興味津々な姿に「可愛い」「動揺してる」の声
  6. /nl/articles/2112/05/news023.jpg 才賀紀左衛門、“瞬殺KO”負けに心境吐露 「自分を見つめ直さないと」「彼女に対して本当に申し訳ない」
  7. /nl/articles/2112/04/news033.jpg Switch移植が決定した「十三機兵防衛圏」について今から全人類にお薦めします
  8. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  9. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  10. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」