ニュース
» 2021年11月23日 17時00分 公開

自転車で赤切符!? 信号は青だったのに!? 警察官に呼び止められた主婦の体験談がTwitterで話題に(1/2 ページ)

意外と知らない人も多いのかも。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 自転車で買い出しにでかけた帰り道、なぜか警察に呼び止められて「赤切符」を切られたという体験談が、Twitterで大きな注目を集めていました。赤切符は飲酒運転やスピード超過など、比較的重い違反をした時に発行されるものですが、いったい何があったのでしょう。


自転車で赤切符を切られた話 自転車でも違反切符を切られるの!?

 話題の投稿はあしゃ(@asami2692)さんが、約3週間ほど前に体験した出来事を綴ったものです。

 この日は義理の母に幼い息子を預けて、自転車に乗って近所のスーパーへ買い物に出かけました。その帰り道、大通りのスクランブル交差点を渡ったところで、警察官に呼び止められたそうです。

 警察官に「今信号、赤でしたよね?」と声をかけられたあしゃさんですが、青信号であることを確認して渡っていたため、警察官に対して「青だったから渡ったんですよ」と反論しました。

自転車 赤切符 呼び止める警察官のイメージ

 すると、警察官は「青だったのは歩行者の信号です」「今車道を走ってきたでしょ? 守らなきゃいけないのは車道の信号です」と説諭。あしゃさんは車道に車が少なかったため、車道に設けられた自転車専用レーンを走行していましたが、確認していたのは歩行者向けの信号だったのです。

 自転車は「クルマの仲間」の軽車両。クルマの運転手と同じく車道に設置されている信号を確認すべきでしたが、あしゃさんは「自転車は歩行者の仲間」という思い込んでいたため、うっかり赤信号を無視して走ってしまったのでした。

 さらに、警察官が言うには横断歩道を渡る歩行者の通行を妨げていたことから、「歩行者妨害」の違反も重なり、違反切符の中でも罰則が重い「赤切符」が切られることになりました。

 

 あしゃさんは状況と身分の確認、赤切符(交通違反切符)の交付などのため、小1時間路上に留められ、取り調べのため後日、警察署への出頭を求められました。

 それからしばらくして、あしゃさんは警察署に出頭して赤切符を提出。担当の警察官から今回の違反について説明を受け、もし事故を起していたら重い罪になることも伝えられ、検察官からは警視庁のホームページで自転車のルールを確認するように言われたそうです。

 当初は取り締まりにあったことを憤り、不満に感じていたようですが、取り調べなどを経て、法律に対する無知を反省。子どもたちのためにも気を付けて自転車に乗ろう、安全な乗り方を子どもに伝えていきたいと考えるようになったそうです。

 投稿には「報告ありがとうございました」「貴重な体験ありがとうございます」といった、体験を語ることで貴重な情報を共有したあしゃさんへの感謝の声が多数寄せられていました。「自分でも、やりそうです」「私自身も猛省です」など、これまでの自転車の乗り方などを反省する人も見られました。

 また、「自転車は軽車両ですが、押して歩けば歩行者ですので横断歩道上ではそのようにされるのが良いかと」という助言もありました。

 便利な反面、ルールを歩行者のものと混同しやすい自転車。「大丈夫」だと思っていても、改めて確認する必要がありそうですね。

(谷町邦子 FacebookTwitter

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  6. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  7. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  8. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた
  9. /nl/articles/2111/30/news018.jpg 「人魚が入ったソーダ」を出す海の家、飲んでしまったら何が起こる? ミステリアスな怪異を描いた漫画
  10. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」