ニュース
» 2021年11月26日 20時00分 公開

「日本での認知度はほぼゼロ」「虐待経験がある保護犬が付けることも」 黄色いリボンは“そっとしておいて”のサイン――イエロードッグプロジェクトの現実と未来を聞いた(1/2 ページ)

ひとりひとりが少しずつの思いやりとやさしさを。

[かのん,ねとらぼ]

 お散歩中のワンコのリードに“黄色いリボン”がついていたら、それは「そっとしておいて」というサイン……。さまざまな事情で人や犬との交流が難しいワンコたちへの理解を深める運動「イエロードッグプロジェクト」を描いた漫画がTwitterで注目を集めています。

 「イエロードッグプロジェクト」とは、「臆病な性格で、見知らぬ人や犬が近づくと吠える」「虐待の過去を持ち、飼い主以外の人間が近づくと怖くて震える」など、さまざまな“事情”を抱えるワンコたちが黄色いリボンをつけることで、「近づかないでね」という意思表示をする取り組み。その他、健康上の問題やしつけトレーニングの最中など、社会復帰訓練中のワンコたちがストレスなく過ごせるよう配慮するもので、2016年にスウェーデンで発祥したといわれています。

 漫画作者のネコロス(@youyakuya)さんは、ネットニュースで「イエロードッグプロジェクト」を知り感銘をうけたとのこと。“世間に広く知ってもらえたら”と考え、4コマ漫画に描いたそうです。

 漫画には「初めて知りました!」「知らなかった」と、黄色いリボンの意味を知らなかった読者からリプライが寄せられ話題に。また、「リボンをつけていても、認知度が低く困っていました」「日本ではまだ全然浸透していないです」など散歩中に声をかけられて困っている飼い主さんからの切なるコメントも集まっていました。

 まだまだ日本では認知度が低い「イエロードッグプロジェクト」。今回ねとらぼでは、日本国内で同プロジェクトの認知度を高めるため活動しているNPO法人「迷子犬の掲示板」代表・木崎亜紀さんに話を聞きました。

Yellow Ribbon Dog

NPO法人「迷子犬の掲示板」代表の木崎亜紀さんが中心となって活動するプロジェクト。黄色いリボン(=Yellow Ribbon)の意味をより多くの人に知ってもらおうと、リボンやグッズの製作・配布をしている。「迷子犬の掲示板」は全国の迷子犬の情報を一元管理し、情報発信するネットワーク。迷子にしてしまった飼い主に的確なアドバイスをすることで、迷子犬の早期解決につなげている。

――まずは、日本での活動内容について教えてください。

 各SNSでイエロードッグプロジェクト、団体の活動内容などさまざまな情報を発信しています。また、イエローリボンの認知度がまだまだ低いためより分かりやすく伝わるように「はなれていてね」という言葉とワンコのイラストがかかれた缶バッジも作りました。

猫 イエローリボンドッグのあさひちゃん@ajisai_truth_00

 缶バッジは小サイズだけで500個以上配布しており「近づいてきた人に説明しやすくなった」「缶バッジを見てハッとして離れてもらえる」「社会化トレーニング中の保護犬の散歩につけていると安心してトレーニングに集中できる」など、たくさんの方によろこんでもらえています。

猫 イエローリボンドッグのゆめちゃん@miyako._.miya

――「Yellow Ribbon Dog」の活動を始めたきっかけはなんでしょうか。

 私は2015年から「迷子犬の掲示板」を立ち上げ、運営しています(2021年にNPO法人化)。Instagram(@maigo_dog)、Twitter(@maigo_dog_)Facebookにて全国の迷子犬の情報を発信し、目撃情報やアドバイスを集め、早期解決の糸口になるようにと飼い主さんたちの手助けをしています。その活動をしている中で海外での「イエロードッグプロジェクト」を知り、掲示板で広報などはしていました。

 「迷子犬の掲示板」の活動が軌道に乗った頃、ふと近所の友人のワンコがイエローリボンを付けていることに気が付き、話を聞いてみたんです。すると「ずっとリボンをしているけど、ほとんど分かってもらえないの」「逆に『可愛いおリボンね』と寄ってこられてしまうこともある」と聞き、イエロードッグプロジェクトが日本では全く浸透していないことを痛感しました。

 そこで「迷子犬の掲示板」を立ち上げた経験やたくさんの方とのつながりを生かして、イエロードッグプロジェクトの認知度アップを図ろうと決意。迷子の掲示板スタッフの有志数名と「Yellow Ribbon Dog(@yellow_ribbon_dog)」の活動を始めました。

 現在、「迷子犬の掲示板」はスタッフが46人在籍していますが、同プロジェクトは掲示板スタッフの有志2人が企画運営、別の2人が発送担当として活動しています。また、掲示板スタッフ十数人がヒアリンググループに参加して相談に乗ってくれています。

猫 イエローリボンドッグのもなちゃん@mameco63

 プロジェクト名を「Yellow Ribbon Dog」にした理由は、「イエロードッグプロジェクト」では趣旨や“リボンをつける理由”が分かりにくいため、「イエローリボン」という文言を前面に出しました。SNSでは「#イエローリボンドッグ広め隊」「#イエローリボンドッグ」のハッシュタグをつかって活動しています。

猫 イエローリボンドッグのラヴィちゃん&レイくん@kkkkkll820
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」