ニュース
» 2021年11月28日 21時00分 公開

約400匹の野良猫が暮らす長崎県・高島で61匹を一斉捕獲→不妊手術 左前足の切断、腎不全で命を落としかけたボス猫の保護も密着撮影(1/2 ページ)

軍艦島として知られる端島の北にある島です。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 地域猫活動を行っている「島猫命守り隊」とNPO法人「CATS LIFE SAVER」(大分県別府市)が協働で、長崎県・高島で大規模なTNRMを実施し、その様子を撮影した動画がCaTuber猫たかDチャンネル(@neko_takad)さんのYouTubeチャンネルで公開されています。

 TNRは、Trap(トラップ)・Neuter(ニューター)・Return(リターン)の略。野良猫を一時保護して避妊手術を行い、元いた場所に戻す活動で、繁殖を予防し、野良猫や殺処分を少しずつ減らしていくのが目的です。

 島猫命守り隊はTNRにエサやりや衛生管理などのManagement(マネジメント)を加えた、TNRM活動を行っています。

一斉TNRの様子

 全国各地の約10人のメンバーで構成されている島猫命守り隊。今回の活動にはメンバーの他、高島の島民や他団体、個人ボランティアなど、あわせて約23人が参加しました。

 高島で暮らしている猫は20〜30匹のコロニーを形成しており、多いところでは50匹ほどの集団も。島全体では約400匹の猫がいると思われます。今回の活動で捕獲したのは2つのコロニーの61匹で、捕まえきれなかったケースもあるそうです。

 島内には動物病院はなく、手術を行ったのは島外の先生たち。捕獲を実施した翌日の午後に島に到着し、その日の夕方まで、さらに翌日の朝から昼まで手術を行ったそうです。

 手術を待つ猫ちゃんの中には不安そうな鳴き声を上げる子も。手術が終わって元いた場所に戻されると、元気に駆け出していきました。

 紹介されている動画の中には、島のボス猫「あか」さんの姿も。ケンカ傷で左前足が壊死・切断したあかさんは、腎不全などの病気もあるため、島外に預けられることになりました。

 一度は命を落としかけ、長期入院したあかさんですが、現在は徐々に回復しているとのことです。

 それまで暮らしていたお宅を離れる前には、切なそうな表情を見せていたあかさん。お世話をしてくれた人とのお別れが分かっているみたいです。

 新しいお家で暮らし始めたあかさんは甘えん坊で紳士的とのこと。現在の様子は、みぞれ(@mizorekurimu)さんのTwitterで見られます。

 島猫命守り隊は自費で運営しており、活動資金にするため制作しているハンドメイド商品は売上を一部医療費にしたり、物資のお礼にしたりしているとのこと。活動資金援助の申し出があれば、ありがたく受け取っているそうです。

 今後も高島での一斉TNRMを継続していくため、SNSで働きかけをしている島猫命守り隊。隊長の江頭さんは将来の展望について、こう語ってくれました。

「SNSでつながった人たちや、高島の島民、他団体たちに協力してもらいながら、今後も1つの命を守れるボランティア活動をしていこうと思っています。一人でできることは、両手を広げたくらいですが、隣の人と手をつなげば、できることはさらに広がっていきます。その可能性を信じ、個人でも無理なく広めていくことができたら助かる命も増えていくのではないかと思っています。理想を現実にするためには、まずは画面の外に出ることが大事だと思い、実際に動き始めています」

 今回の一斉TNRMの様子を密着撮影したCaTuber猫たかDチャンネル(@neko_takad)さんのYouTubeチャンネルでは、お弁当を食べていたら寄ってきてしまった姿など、島の猫ちゃんたちの自然でユーモラスな姿も見られます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」