ニュース
» 2021年12月12日 16時26分 公開

このキアヌ……CG? 本物? 話題の「マトリックス」×「Unreal Engine 5」技術デモ、実際に触って感じたその“スゴさ”

これが次世代のオープンワールドか……!

[真ゲマ,ねとらぼ]

 Epic GamesがPS5とXbox Series X/S向けに配信した「The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience」のグラフィックが“超絶にキレイ”だとTwitterで話題になっています。

マトリックス デモ

 「The Matrix Awakens: An Unreal Engine 5 Experience」は、Epic GamesがSF映画「マトリックス レザレクションズ」とタイアップして制作した新世代ゲーム開発用ミドルウェアのUnreal Engine 5の技術デモ。つまり、これは「Unreal Engine 5を使えば、こんなゲームが作れますよ」と宣伝するものです。

 技術デモといっても一部シーンではカーチェイスや銃撃戦が楽しめますし、16平方Kmの広さを誇る仮想都市も探索できます。そんな「超絶グラフィックの次世代オープンワールドゲームの試供品」が楽しめることで多くの人々から注目を浴びているのです。

 筆者も早速そんな技術デモを体験してきました。


このキアヌ……CG? 本物? どっち???

マトリックス デモ

 まずは「マトリックス レザレクションズ」と技術デモについての解説が行われました。このシーンでは、主人公のネオことキアヌ・リーヴスや、トリニティ役のキャリー=アン・モスの“本物とCGの姿”が交互に登場します。

マトリックス デモ

 CGのキアヌが映ったシーンは、全体の描写はCG感がありましたが、顔アップでの描写ではほとんど違和感がありませんでした。従来のCGのキャラクターは、髪の毛の表現が簡略化されていることが多いですが、この技術デモでは髪の毛一本一本がリアルで描写されていたので、「どっちが本物だっけ?」と混乱してしまいました……。


カーチェイスシーンは映画を操作している気分だった

マトリックス デモ

 解説が終わるとネオ達がエージェント達とのカーチェイスを繰り広げるシーンに移行します。

マトリックス デモ

 そしてカーチェイスをしながらの銃撃戦!後ろから迫るエージェントの車のタイヤ部分を撃ち、転倒を狙うことになります。

マトリックス デモ

 エージェントに近づかれたらQTEが発生。とはいえ、ゲームではないのでQTEに失敗してもゲームオーバーにはなりません。「マトリックスは好きだけどアクションゲームが苦手!」という人も簡単にプレイできると思います。

マトリックス デモ

 さらにライトマシンガンで飛行中のヘリを撃墜! 短い時間でしたが、なかなか激しいアクションが楽しめます。

 カーチェイスシーンでの銃撃戦は自由度こそありませんが、美しいグラフィックによって「映画を操作している」感覚になりました。


グラフィックがリアルすぎてゲーム業界もざわめく

マトリックス デモ

 次の探索パートでは、ニューヨークをモチーフにした仮想都市をオープンワールドゲームのように探索できます。探索は、プレイヤーキャラクターを操作する方法のほか、主観画面で上下左右を立体的に移動する方法も用意されています。

というかこの都市、マジでビックリするくらいリアルです!

 仮想都市は、それぞれ数百万のポリゴンで構成される700万のインスタンス化されたアセットで構成されており、Unreal Engine 5の仮想化ジオメトリ システムであるNaniteや次世代アップサンプリングアルゴリズムであるTemporalSuper Resolutionなどによって描写されているのだとか……筆者はこの手の知識はないので構成構成っていわれても何のことやらさっぱり分からないのですが、「Unreal Engine 5では、こんなリアルな街が作れちゃうんだぞ!」というのがひしひしと伝わってきました。

 Twitterでは、現役のゲーム開発者たちが技術デモについて一般のユーザーと同じ反応を示していました。ただ、ゲーム開発者はグラフィックの美しさだけではなく、建物の汚れが自然に再現されていることにも注目しているようです。プロの目からみても、この技術デモが驚異的なものであることが分かります。

マトリックス デモ

 また探索パート中は車に乗って仮想都市をドライブすることも可能!車の3Dモデルも「レースゲームか!」ってほどに作り込まれています。

マトリックス デモ

 そして調子に乗って爆速ドライブを楽しんでいたら交通事故を起こしてしまい……って、車の破壊表現もリアル!

 破壊された車のフロントの形をみると、鉄製のポールに衝突したのがよく分かります。これもUnrealEngine 5のカオス物理システムによって実現したものだそうです。

マトリックス デモ

 公式の説明によれば、この仮想都市はSideFX社のHoudiniをはじめとする一連のプロシージャルツールによって、少人数のチームでも制作可能であるとのこと。実際にこの技術デモも比較的少数のコアチームによって作られたそうです。

 これからインディーゲームスタジオからもこのクオリティのオープンワールドゲームが登場する可能性が出てきたというわけですね。

マトリックス デモ

 そういえば、一部報道によると「グランド・セフト・オート」シリーズの最新作の開発が2024年〜2025年にかけてのリリースに向けて進行中であるとのこと。その最新作がどのようなものなのかは知る由もありませんが、今回のデモに勝るとも劣らないクオリティーになるのではないでしょうか。いや、数年後ならもしかしたら勝るかも……。

 そんなオープンワールドゲームの未来像を垣間見れた気がします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」