ニュース
» 2022年01月02日 12時15分 公開

面白ネタを続々と生み出すカップヌードル公式Twitterアカウント 中の人に運営の裏側について聞いた(1/2 ページ)

カップヌードル食べたくなってしまうからずるい。

[十津川あきら,ねとらぼ]

 カップヌードルの公式Twitterアカウント(@cupnoodle_jp)が、商品の宣伝のみならず面白いツイートをたくさん発信していると人気を集めています。こうした投稿について“中の人”に取材しました。

カップヌードル お風呂のおもちゃなど、思わず笑ってしまうツイートも(画像は公式Twitterより引用)

 同アカウントのツイートを見てみると、あるときは「カップヌードルの具材の気持ちが味わえるおふろのおもちゃをつくってみました」として、1枚の写真を投稿。巨大なカップヌードルの具材(おもちゃ)が浮いたお風呂に、気持ちよさそうに入浴する男性が映っています。このツイートは3.6万リツイートされ、「発売日はいつですか?」「スープの香りの入浴剤も欲しい」などと、商品化を望むコメントが多く寄せられました。確かにこれはちょっとやってみたいかも……! 

 またあるときは、「カップヌードルを将棋のコマにしてみました」と、カップヌードルの商品を将棋のコマにした写真を投稿。どのヌードルがどのコマにふさわしいかと、Twitter上で話題になりました(関連記事)。ちなみに2017年4月にもカップヌードルを麻雀牌にした画像を投稿しているので、謎グッズを考え出すのが好きな人がいるのかもしれませんね。

 この他にも、カップヌードル鍋のアレンジレシピ、カップヌードルのフタ裏に描かれた“猫”についてなど、さまざまな投稿を行っています。次から次にアイデアが出てくるな……!

 このユニークなアカウントはどのように運用されているのか、ねとらぼ編集部は日清食品ホールディングスの担当者に話を聞きました。

――カップヌードル気分を味わう風呂や将棋のコマなど、カップヌードルのTwitterアカウントは商品の宣伝だけでなく、面白いツイートを多く投稿されている印象があります。こういったツイートはどなたが考えていらっしゃるのでしょうか。Twitterチームなどがあるのですか。

担当者:宣伝部の「カップヌードル」ブランドの担当者が主体となり、広告会社の協力を得ながら投稿案を検討しています。SNS専任のチームではなく、「カップヌードル」のブランドコミュニケーション全般を担当していますが、自分たちがスマホで撮影した画像を投稿することも多いです。

――では、ツイート内容はどのように決めているのでしょうか? 面白いツイートが多いですが、偉い人に怒られることなどはないのでしょうか。

担当者:日清食品の社長(安藤徳隆)と宣伝部は、週に1度の定例会議を開いています。SNSの投稿内容は、宣伝部で作成した原案をもとに、この定例会議の場で社長を含む出席者の意見を取り入れながら決めていきます。投稿文の“てにをは”が違えば、伝わり方も変わってきますので、細部にまでこだわっています。社長から面白いアイデアが飛び出してくることも少なくありません。

――なんと! 社長もアイデアを出していたとは驚きです。Twitterについては反響も大きいと思いますが、どのように受け止めていますか。

担当者:“フタ裏のネコ”の投稿のように、多くの人にご覧いただき、さらにテレビ番組やネットニュースなどで取り上げていただけることは、担当者として非常にうれしく思っています。現在のフォロワー数は39万人で、この5年間に20倍近くも増加しており、これだけ多くの方が投稿を楽しみにしていただいていることが、何よりの励みになっています。一方で、いまだに「これは絶対ウケる」と思った投稿がまったくウケないことがありますが……。

――確かに、何がウケるかはフタを開けてみないと分からないものですよね。では、Twitterを運用していて、特にうれしかったことはありますか。

担当者:「いろいろ悩んでいたけどカップヌードルのツイート見たらどうでもよくなった」「こんな面白いことができる会社に入りたい」「(良い意味で) 公式が病気」などのコメントを見るとうれくなります。企画から制作、そして実際に投稿するまでには何かと苦労も多いのですが、それも一気に吹き飛びます。また、前述しました通り、テレビ番組やネットニュースなどで取り上げていただく機会が増えていますので、「たった1つの投稿で、世の中に影響を与える」ことの喜びと責任を感じています。

――なるほど。最後に、公式アカウントを通じて今後もTwitterユーザーに伝えていきたいことを教えてください。

担当者:「カップヌードル」の公式SNSアカウントでは、楽しみながらブランドに愛着を感じていただけるように、思わず人に話したくなるようなユニークな投稿を行っています。ぜひフォローしていただき、過去のツイートや今後の投稿もお楽しみいただけるとうれしいです。



 社長も加わって面白いアイデアを生み出し続けている、カップヌードル公式Twitterアカウント。今後もどのような斜め上のツイートが誕生していくのか、見守りたいですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」