ニュース
» 2022年01月09日 19時00分 公開

2021年個人的ベストゲーム! 闇のカードゲーム「Inscryption」は「めちゃくちゃうまいカツカレー」だったやや最果てエンタメ観測所

「闇のカードゲーム」を体験できるゲーム。

[砂義出雲,ねとらぼ]

 2022年、新年一発目のゲームレビューは昨年(2021年)僕が一番面白かったゲームを紹介しようと思います。その名は……「Inscryption(インスクリプション)」!(公式サイト

Inscryption タイトル画面。最初「ニューゲーム」が見当たらないところからもう「Inscryption」
Inscryption ゲーム画面。基本はカードゲームです

ライター:砂義出雲

砂義出雲 プロフィール

作家・シナリオライター。はてなダイアリー「やや最果てのブログ」の運営を経て、2011年に小学館ライトノベル大賞・優秀賞を受賞し『寄生彼女サナ』でデビュー。なんだかんだ10年以上業界の片隅でラノベを書いたりゲームシナリオを書いたりしてきました。映画とゲームとsyrup16gが生きる糧。人生ベストゲームは「Outer Wilds」です。

Twitter:@sunagi



ひとことで説明すれば「闇のカードゲーム」

 このゲームがどういうゲームか。ざっくり言えば「一人称視点で部屋に隠された謎を解きながら進めるホラーテイストのカードゲーム」なのですが、実はこのゲーム、漫画やアニメが好きな方にはパワーワードで説明することができます。

 週刊少年ジャンプで連載され、アニメ化もされた『遊☆戯☆王』という漫画を知っている方は多いでしょう。その『遊☆戯☆王』の特に初期では、登場人物が命を賭けた「罰ゲーム」つきの「闇のゲーム」で対決するというのが定番の流れでした。展開によっては、カードバトルに負けたキャラが罰ゲームとしてカードの中に閉じ込められたりして。

Inscryption 闇のカードゲームに敗北してカードの中に閉じ込められる海馬(『遊戯王』デジタル版1巻260ページより)

 「Inscryption」はこの『遊☆戯☆王』に出てくる「闇のカードゲーム」が体験できるゲームです! はいパワーワード! 説明終わり!

 ……ってわけにもいかないんだよなあ。実はこの「Inscryption」、“ネタバレ厳禁”のゲームであるにもかかわらず、どういう性質のゲームか前提知識がある程度ないとゲームの評価に多大な影響が出るであろうタイプのゲームでもあるんですよね、これが。

 僕が「Inscryption」をプレイしたときの感想を一言で言うなら……「奇抜な揚げ物で知られる最高のカツ職人がカツカレーを作ったと聞いて食べてみたら、『えっ待って、このカツカレー、カレーだけでもめっちゃうまくない!?』って感じだった」のです。そして、「カツ」と「カレー」、この2つの要素が何にあたるのか、それぞれの角度から説明する必要があるのです。説明しましょう。


「カレー」、デッキ構築型ローグライトの新機軸

 まず、カツ職人が作るということでそこまで期待はしていなかったものの「めちゃめちゃうまかった」という「カレー」。これは、このゲームのジャンル……特に序盤のゲーム性そのものです。ゲーム紹介を見ると、目を引くのはこんな文句。「デッキ構築型ローグライト」。簡単に言うと、プレイを始めるたびに一からカードを引いてバトルに使うカードデッキを構築していき、ゲームオーバーになると全て失われる、運要素が強く絡むゲームのことです(ちなみに、『ローグライト』は『ローグライク』というゲームジャンルから派生したもので、この混同されがちな2つのジャンルの分類問題について語りはじめると朝までかかるので今回は省略します)。

 実は昨今のインディーゲーム業界、この「デッキ構築型ローグライト」要素を取り入れたゲームがめちゃめちゃ増えています。これにははっきり源流があって、恐らくそのほとんどが「Slay the Spire」(2019)という大ヒットゲームの影響を受けているのです。

Inscryption 「Slay the Spire」ゲーム画面

 ランダム生成されたマップを移動しつつ、その過程で手に入れたカードでデッキを構築しながらバトルをするというこの傑作「Slay the Spire」の絶妙なゲームバランスと中毒性は革新的でした。そして、同作は「スレスパフォロワー」と呼ばれるゲーム群を大量に生み出すことにもなりました。マップを移動する際のゲーム画面を見比べてもらえば、「Inscryption」もまた「スレスパフォロワー」であることを隠そうともしていないことが分かるでしょう。

Inscryption 「Inscryption」の移動画面
Inscryption 「Slay the Spire」の移動画面

 ただ、その流れにありつつも「Inscryption」にははっきりとした独自性がありました。それは、元ゲームの絶妙なゲームバランスを再現しようとした「スレスパフォロワー」と違い、「カレー」が本職ではない「カツ職人」だからこそできる大胆な味付け。「Inscryption」にとって「スレスパ」形式は「物語」を語るための手段でしかない……つまり、バランスを考えていないような「ぶっ壊れカード」で無双できるのです! これがめっちゃ楽しくて気持ちいい!

 中でもバランスブレイカー的カードとして特筆したいのは3方向に攻撃できる「マンティスゴッド」。作中で200ドル(日本円で約2万円以上)するといわれるカードだけあるぜ! ちなみに基本的にこのゲーム、広範囲に攻撃できるカードがめちゃくちゃ強いです。これは攻略の役にも立つのでぜひ覚えておいてください。

 そして、「Inscryption」はそれだけでなく、ゲームの雰囲気が抜群に良い! カビ臭さの漂う薄暗い小屋の中、目の前には薄ぼんやりとしか顔の見えないゲームマスター。生きているように喋りまくる手持ちのカードたちはカードゲームの「生け贄」にされるときちんと悲鳴を上げます。アイテムの使い方にも意表を突くものがあって(相手のてんびんに重量を載せるためにそこまでやる!?)、この感覚、これこそ「闇のゲーム」!

Inscryption オコジョの「顔」が変化していくのにも注目を

 なお、販売ページには「ホラー」のタグがついていますが、過度なビックリ表現はありません。恐らく全てはこの「雰囲気」による区分であり、目の前でくるくると仮面を付け替えるゲームマスターは、TRPGのように机を挟んで向かい合ってやるカードゲームの面白さを教えてくれます。

Inscryption ゲームマスターがくるくると仮面を付け替えて気分を盛り上げてくれます

 「対面型ボードゲーム」の楽しさはコミュニケーションのプリミティブな喜びにもあります。そして、ゲーム終盤では向かい合っているからこそできる「手を使ったある行為」に思わず涙ぐんでしまいました。ああ……本当にいいシーンだったなあ。


「カツ」、Daniel Mullinsという鬼才の作家性

 さて、長々と「カレー」(ゲーム部分)がいかにうまかったかを説明してきましたが……実は、今の前段は「Inscryption」を構成する要素の30%程度でしかありません。もう一方の要素、カツカレーの「カツ」についても説明しましょう。

 このゲームの「カツ」とは……ゲームの「作者」そのものです。Daniel Mullins(ダニエル・マリンズ)。名前だけでも覚えて帰ってくださいね。一言で言うと、「メタフィクション」ゲームの名手です。過去作の「Pony Island」「The Hex」もそのようなゲームであり、筆者が「Inscryption」をプレイした時には正直、こちらの要素を強く期待していました。

Inscryption Pony Island。これも驚きに満ちた傑作ゲーム

 そして「Inscryption」もやはり、その方面でも完全に期待に応えてくれました。ぼかしながら言うなら、ゲームの進行につれて「世界を見る解像度」がまるで変化していくのです。実は、前段で説明した「カレー」部分も、さっきのが欧風カレーだとしたらドライカレーぐらいにまで変化していきます。とにかく、後半はDaniel Mullinsの真骨頂がてんこ盛り! エンディングを迎えるまで常に驚きに満ちたプレイになることでしょう(一つアドバイスするなら、配信などでプレイしようとしている人にはやや危険なシーンがあるかもありません)。

 そして、このゲームはエンディングを迎えても終わりではありません。衝撃の展開の末に待つもの……はっきり言って、ここがこのゲーム最大の「賛否両論」ポイントであり、人によっては怒る人もいるだろうと思います(ピンと来ていない人は「Inscryptionをクリアした人のための攻略情報」などでググってみてください。ここで合う合わないが出るのはもうどうしようもないです。だってそれが「作家性」なのですから。取りあえず「Daniel Mullinsってこういうことをする人だから……」とだけ覚えておいてほしいな、とは思います。

 ちなみに、現時点で出たDaniel Mullinsのゲームは全て話がつながっているようです。そして、最後までやっていただけたら、彼のゲームは今後も新作が出たら「リアルタイムに」追わないといけないクリエイターだということが分かってもらえることでしょう。

 しかし、あらためて言いますが、今までのDaniel Mullinsのゲームはメタフィクションにこだわるあまり「ゲーム性」は二の次、というような節がありました。だからこそ、「Inscryption」のゲーム部分がちゃんと「面白かった」喜びはすごかった。もっとも、Steam版は最近のアップデートにおいて、前段で熱く語ったこのゲームの「一番おいしい部分」だけを延々食べ続けられる「KAYCEE'S MOD」という新モードがβ版として追加されたので、「カレー」がうまかったという人にはこれもおすすめです。

Inscryption 「KAYCEE'S MOD」。ストイックなカードゲームを求めている人にはきっとぴったり

 とにかく、Daniel Mullinsという鬼才ゲームクリエイターを知ることまで含めて値段以上の価値は絶対にあるし、なにより「カツ」と「カレー」両方合わさってこそのカツカレーです。ゲームのプレイを一つの「体験」として楽しめる人なら、間違いなく楽しめる一本だと思います。

 最近のニュースでは、この「Inscryption」の販売本数が100万本を越えたことが発表されました(AUTOMATONの記事)。それだけ多くの人にDaniel Mullinsの世界が届いたことを喜びつつ、この鬼才が次に何を食べさせてくれるのか楽しみに待ちたいと思います。今まで食べたことのないカツカレー、みなさまもぜひ機会があれば食してみてはいかがでしょうか。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」