ニュース
» 2022年01月16日 11時30分 公開

クマが“数の暴力”より“知恵”で統治する 奇妙なフランス・イタリア合作のアニメ映画「シチリアを征服したクマ王国の物語」レビュー(1/3 ページ)

クマさん版ベルセルクだった。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 タイトルや触れ込みの時点で、とんでもないアニメ映画が日本にやってきた。それが1月14日から劇場公開されているフランス・イタリア合作の「シチリアを征服したクマ王国の物語」だ。

クマが数の暴力よりも知恵で統治するアニメ映画「シチリアを征服したクマ王国の物語」レビュー (C)2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS - PATHE FILMS - FRANCE 3 CINEMA - INDIGO FILM
「シチリアを征服したクマ王国の物語」予告編

 原作はイタリアの作家ディーノ・ブッツァーティが1945年に発表した児童文学で、ヨーロッパで半世紀以上にわたって読み継がれている人気作。今回のアニメ映画版は2019年のカンヌ国際映画祭「ある視点部門」や同年アヌシー国際映画祭で公式上映され、絶賛を浴び多数の賞を受賞。映画評論サイトRotten Tomatoesでは、脅威の批評家支持率100%を達成した。

 そんな高評価も納得の面白さ。アニメとしての豊かさを備えつつ、子どもから大人まで学びが得られる奥深さもあり、それでいて「クマさん版『ベルセルク』かな?」と思うほどの殺伐さも内包する、日本のアニメ映画には絶対にないアバンギャルドな魅力を持った作品に仕上がっていた。さらなる見所や特徴を紹介しよう。

単純明快な冒険活劇×容赦のない敵たち

 本作のあらすじは、「クマの王がハンターに捕らえられた我が子を救うため、クマの仲間たちを引き連れて山を降り、人間が住む平地を目指す」というもの。この時点で単純明快な冒険活劇としての面白さがあるわけだが、立ちはだかる敵がなかなかに容赦がない。

クマが数の暴力よりも知恵で統治するアニメ映画「シチリアを征服したクマ王国の物語」レビュー (C)2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS - PATHE FILMS - FRANCE 3 CINEMA - INDIGO FILM

 何しろ「巨大な化け猫」「人喰いトロル」「古城の幽霊」などが登場し、その戦いの過程でクマの一団の中からは死者も出るのである。さらに大ボスの「残忍な大公」も容赦無くクマたちに攻撃を浴びせ、大公にいいように使役される「魔法使い」もクマたちを混乱に導いていく。

 もちろん子どもも見る映画なので直接的な残酷描写はほぼ皆無。だが、一見して絵柄がかわいらしく、色彩も豊かで楽しい冒険ファンタジーに見えたとしても、そこには「命があっけなく失われる」様や、「人間の悪意が異なる文化の者たちを苦しめる」といったリアルかつシビアな視点があるのだ。

クマが数の暴力よりも知恵で統治するアニメ映画「シチリアを征服したクマ王国の物語」レビュー (C)2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS - PATHE FILMS - FRANCE 3 CINEMA - INDIGO FILM

 しかも、クマたちはただ数の暴力で圧倒するのではなく、臨機応変に智略も尽くして危機に立ち向かう。そうしたクマたちの「賢さ」が、後述する「正しい統治をしていたはずが、気付けば謀略渦巻く政治劇へ」とつながる皮肉もまた見所になっていた。

まさかの謀略が渦巻く政治劇

 前述した「クマの王が仲間を引き連れて我が子を救う冒険に旅立つ」というプロットは、実は物語の前半部分にすぎない。「大ボスの大公を倒して、息子も救えてめでたしめでたし」では終わらないのだ。

クマが数の暴力よりも知恵で統治するアニメ映画「シチリアを征服したクマ王国の物語」レビュー (C)2019 PRIMA LINEA PRODUCTIONS - PATHE FILMS - FRANCE 3 CINEMA - INDIGO FILM

 後半の詳細は実際に見てほしいので伏せるが、そこで「独裁政治が築かれていく過程」や「異なる文化を持つ人種との共存・共生の難しさ」がリアルに描かれていたことはお知らせしておこう。

 単純明快な冒険活劇だと思っていた物語が、国家の謀略や一色触発のパワーゲームが展開する政治劇へと展開していく。その変遷が子どもにも分かりやすく描かれており、大人は現実の政治における不正を連想して恐れ慄くことができるだろう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  7. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声