ニュース
» 2022年01月21日 12時10分 公開

「妻がこれを封筒がわりに使っていた」 ジョージア駐日大使のツイートが「ほっこりした」と話題、大使夫人に話を聞いた(1/2 ページ)

使いたくなる気持ち、とても分かります。

[十津川あきら,ねとらぼ]

 ジョージア駐日大使の妻が、封筒の代わりにご祝儀袋を使っていたという投稿が投稿が「ほっこりした」とネットで話題になっています。実は「外国人あるある」でもあるというこの件について、大使夫人に話を聞きました。

「妻がこれを手紙を送る際に封筒がわりに使っていた」 確かに、きれいな封筒にしか見えないですよね……

 話題となっているのは、ティムラズ・レジャバ駐日ジョージア大使(@TeimurazLezhava)のツイート。「速報 私の妻がこれを手紙を送る際に封筒がわりに使っていたことが本人への取材で分かりました。理由は『綺麗だから』と話しておりました」というコメントと共に写真を投稿しています。そこに映っていたのはごく普通の封筒――ではなくご祝儀袋でした。確かにこれは、知らなければきれいな封筒にしか見えないかも……!

 この投稿に対してネット上では、「これは外国人あるある」「短期留学で来た生徒が、『黒い方』でお家に近況報告の手紙を出していたのを目撃しました」「笑ってしまいましたが、その気持ち、たいへんよく分かります!」「素敵なお話でほっこりしました」といった声が寄せられました。

 ねとらぼ編集部では、この出来事について大使夫人に話を聞きました。

――Twitterで話題になったことについて、どんな感想を抱きましたか。

大使夫人:私の普段からの「習慣」がこれほど話題になったことについて、当初は理由が分からず、正直に言って驚きました。その後、理由が気になり夫に聞いたところ、日本では特有の意味を持つ封筒だと分かりました。少し恥ずかしくもありますが、うれしかったです。

 ちなみにこの封筒は、あちこちで買っているため、何種類も持っています。ただし、「黒のやつは買うな」と夫に言われていたので買わずにいましたが、理由はこれでよく分かりました。

――ツイートに対して「外国人あるある」との声もありましたが、どう思われましたか。

大使夫人:それだけこの封筒がきれいだという証拠だと思います。外国にはお金をプレゼントする文化があまりない、あるいは専用の封筒がないことを意味するのではないでしょうか。

――ジョージアの方から見て、日本の文化、礼儀、マナーなどで難しいこととして、どんなことがありましたか。

大使夫人:ジョージアにも日本と変わらないぐらい風習や伝統がたくさんあります。しかし、日本はそれが「形」になっていることが多いです。まさに今回の封筒のように「もの」に風習の要素が加わっている点に感心します。また、日本は、細やかなことへの配慮がどこの国よりも大きいと思います。

――最後に、ジョージアについて伝えたいことを教えてください。

大使夫人:2022年はジョージア・日本外交関係開設30周年になります。共通する価値観が多い国同士であり、互いに引き付け合うものを持っていると思います。気軽に親しみを持っていただき、食や文化を通じてさまざまな形でジョージアに触れていただければと思います。

ジョージア・日本外交関係開設30周年記念ロゴ ジョージア・日本外交関係開設30周年記念ロゴ

画像提供:ティムラズ・レジャバ 駐日ジョージア大使(@TeimurazLezhava

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  4. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」