ニュース
» 2022年01月22日 18時33分 公開

課題の絵が間に合わないピンチ → 乗り切るために「データが重くて読み込めない」をリアルに持ち込んだ絵が秀逸(1/2 ページ)

完成しているのに、どんな絵なのか気になってくる絵。

[宮原れい,ねとらぼ]

 課題の絵が間に合わない危機的状況から生まれた作品が「これは芸術的」「発想が秀逸」と話題です。Twitterではいいねが30万を超えています。

 提出期限に絶対間に合わないことを確信した作者のももにくす(@momonicus)さんは、「データが重くて読み込めない」というデジタル世界の“あるある”をアナログで表現して乗り切ることに。それがこちらの絵です。

 Twitterなどで見られる“読み込み”アイコンを描くことにより、キャンバスの半分以上を黒一色で埋めることに成功しています。読み込み部分の境目のモザイクっぽい表現もそれっぽく、ついつい表示されるのを待ってしまいそうです。

 リプライ欄では「天才的発想」「すごいセンス」といった賛辞が多く寄せられ、「雲と風船がかなりポップなテイストなのに、人間の部分がめちゃめちゃリアルなのも好き笑」「画家自身が出力させられなかったという表現ともとれるのが凄い」「デジタルとアナログの究極合体」などの声がみられました。ちょうど人物の顔が見えないことで、想像が膨らむといった声も。

課題 絵 間に合わない データが重くて読み込めない 油絵 リアルの絵なのに待てば表示されそうな気がしてくる……(画像提供:ももにくす/@momonicusさん)

 ももにくすさんによると課題は自由制作で、今回の作品は油絵。その後講評を受け、「進級課題にしては作品数が少ない」と酷評されたと報告しています。なお「絵自体は面白い」との評価を頂いたそうです。ツッコまれた部分もナナメ上だった。

 進級については「少なくても提出すればギリギリ進級できる可能性は高い」とのこと。今回の反響を受けて「正直、油絵はもうやめてイラストだけでやっていきたいと考えてたけど、偶然思いついたとはいえこんなに反応もらっちゃったら、また油絵描きたくなってきたな…」とつぶやいており、まさにピンチをチャンスに変えた作品となったようです。

 ももにくすさんは、運営するTwitterアカウント「人生はウーパールーパー(@Axolotl2013)」にて、かわいらしいウーパールーパーのイラストを描いて人気を集めています。以前には「ウーパールーパーのすごいところ」をまとめたイラストが話題に。他にもLINE着せ替えや、さまざまなグッズも販売中です。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響