ニュース
» 2022年01月24日 14時45分 公開

漁師さんのお仕事お手伝い! ガチで“地元の仕事”をするワーケーション、京丹後市の「漁師ワーケーション」がおいしそう

ホントの「漁師飯」いただけます!

[豊田昌代(株式会社洒落),ねとらぼ]

連載:トヨタマのワーケーション探訪

 「どこでも働ける」ならば、旅先でも、地方でも、観光スポットや温泉地、自然の中でも働けます。働く場所を縛らない「テレワーク」の普及とともに、ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた新たな働き方「ワーケーション」を、街の魅力ある施設やアイデアとともに街ぐるみで応援する自治体や街が最近、全国でグッと増えています。

 連載「トヨタマのワーケーション探訪」では「あ、この街に行ってみたいな」「ここでワーケーションしてみたいな」となる全国各地のワーケーションプランを紹介していきます。


 今回紹介するのは、京都府京丹後市で実践できる「ふるさとワーケーション 京丹後塩江の暮らし体験」です。

京丹後市 ワーケーション 地元で体験する仕事を「ワーク」とする考え方のワーケーション

 京丹後市でのワーケーションプログラムは、「地元の仕事を手伝う体験」をプッシュしています。地元で体験する仕事が「ワーク」となる考え方で、カヤックフィッシング、漁師さんと宴会、漁師さんと釣りをする、などの地域での暮らしも体験できるようにしました。

 展開するのは、人と地域のマッチングサービス「ふるシェア」。月額料金制で同社が各地に用意する施設「ふるシェアの家」に泊まれるサービスなどを展開します。

 同社はワーケーションといえど、「いつもの仕事をここでするのは推奨しません。なぜならば、美しい海やおいしい料理が目の前にあるのに、いつもの仕事の生産性が上がるとは……考えられないためです」「現地の仕事を手伝い、普段の生活ではなかなか出会えない人とふれあい、得られなかった知識や経験を得て、都市での仕事に生かしていく。そんな考え方のワーケーションです」と話します。なるほど、これもワークとバケーションをかけたワーケーションといえます。

京丹後市 ワーケーション もちろん、地元の魚を使った料理もいただける(予約制)

 漁師飯をいただける「漁師飯体験」(3000円から)、頑張り次第でバイト代やお土産がもらえる「漁師のお手伝い」、漁師さんから本職のワザを教えてもらえる「漁師と釣り」(1万円から)などのプランオプションも用意します。

 ふるさとワーケーションは、ふるシェア会員になると利用可能。入会金+月会費制でふるシェアが運営する各エリアの施設(家)に泊まれます。例えば、身1つでふるさとを思い切り楽しめるようにする全部入りプラン「ふるさと会員」(月会費3万円)、通常1棟1万円とするふるシェアの家に原則泊まり放題となる「なかま会員」(月会費1万0000円)、たまに使いたい月会費2000円のライトプラン「友だち会員」などがあります。

京丹後市 ワーケーション 滞在時「ふるシェアの家」の部屋の様子(ふるシェアWebサイトより) ※2022年1月24日現在、かぞく会員以外のプランは申し込み停止中

 地域の人と交流し、遊ぶことで、地域を知り、本業や今後の生活に生かす新しい発想を得る──。本業の仕事を「しない」ならば、これまで行ってきた「旅行」と似通うかもしれません。しかしお着せのパッケージツアーとは、やり方や考え方がいろいろ違うようです。ワーケーションといっても、単に「旅先で仕事する」に留まらない方法や手段がいろいろな生まれてきています。今後の展開も楽しみです。


photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響