ニュース
» 2022年01月30日 09時00分 公開

看病した保護子猫が元気になり…… 30万円超えの照明をキャットタワーにする姿が胃が痛いけどかわいい(1/2 ページ)

元気いっぱいです!

[572,ねとらぼ]

 高価な照明をキャットタワーのように楽しむ保護子猫。飼い主さんの胃痛をよそにのびのびと遊ぶ、幸せいっぱいの光景がTwitterに投稿されています。

 モッフモフなキジ白「知多」さん(推定7カ月の女の子)は元野良猫。保護された後、体調が優れなかった知多さんを飼い主さんが看病することになった縁で、そのままこの家に迎えられました。献身的な飼い主さんのお世話もあって2カ月がたった今は元気いっぱい。そんな知多さんがこの日、遊び場に選んだのは高価な木製の照明でした。

猫 お目が高い!

 照明には台座から伸びる支柱に、遮光板が対になったブロックランプ10個が互い違いに設けられています。このフォルムに知多さんは好奇心を刺激されたのでしょうか。キャットタワーの頂上を目指すように遮光板の上に鎮座。

猫 登ってしまいましたか……

 赤みを帯びた淡い光に包まれながら、キラッキラの眼差しで真っすぐに頭上を見つめます。飼い主さんは、そのあいらしさにメロメロなご様子。

 遊び場としての使用を認めるように「猫さんや…それは…胃が痛いぐらい高価な…キャットタワーですどうぞ」とつぶやいています。

猫 「いつかあそこまで……」

 投稿には、「ゴージャスキャットタワー」「爪研いじゃわないか心配」「凄い…お猫様…人間の通貨単位なんかどーでも良いかもしれませんが…ど、どうか…ハラハラ」といった声が寄せられています。

 ちなみに、安全面は念入りに対策済み。もともと簡単には倒れない構造である上に、地震対策で固定してあるため倒れる心配はないとのこと。さらに、遮光板はブロックの上下どちらにも設置可能ですが、知多さんが足を突っ込まないように上部に取り付けているそうです。とはいえ、猫用に設計されたものではないため踏み板としては「小さく硬く間隔が狭いためキャットタワーとしては星1で薦めない」と話しています。

猫 まだ体が小さい今だけの遊びかな?

 この照明は 、近代建築の三大巨匠のひとりに数えられるフランク・ロイド・ライト設計の照明器具を復刻した「TALIESIN 2(タリアセン 2)」。世界遺産「TALIESIN」の一部として設計されたフロア照明を、ライト財団公認ブランドのYAMAGIWAが現存する図面などをもとに現代に甦らせた逸品です。そのためお値段もハイクラス。

 正規品を購入したという飼い主さんは「買うときとても勇気がいりましたのに…いまは猫の楽しい踏み台です」と少し複雑な心境のようです。

 知多さんは、元保護猫の「白州(3歳の男の子)」さんや元捨て犬の「宮田(迎えた時から成犬女の子)」さんと暮らしています。白州さんは、子猫の頃にケガをして道端で倒れていたところを優しい男性に保護され、その後飼い主さんに引き取られました。その白州さんを、保健所で殺処分前日までいった宮田さんが愛情深くお世話してきたという間柄です(関連記事)。

 知多さんを迎えるにあたって飼い主さんは、そういった2匹の関係や性格をできる限り考慮。その思いも伝わったようで3匹は少しずつ仲良しに。今回の投稿の3日後からは、白州さんの警戒も解けたようで知多さんと一緒に寝る姿もみせています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声