ニュース
» 2022年02月01日 20時00分 公開

心を閉ざしていた元保護犬、部屋の隅で怯えていたが…… 子犬のように飼い主に甘えて離れない姿に涙 米(1/2 ページ)

犬「甘えられるってこんなに幸せなんだ」。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 米国の動物保護施設で保護されていた、とても臆病なワンコが新しい飼い主さんの元で徐々に心を開き、甘えん坊になっていく動画がYouTubeに公開されています。

甘えん坊と化すワンコ

 保護施設で暮らしていたワンコにとうとう新しい飼い主さんが見つかりました。ワンコは保護前に人間によってトラウマになるような仕打ちを受けたのか、いつも怯えたように部屋の隅にいて、完全に心を閉ざしていました。

 動物の救助活動を行なっているシーラさんは新しい飼い主、ダルビッシュさんとともに施設へとワンコを迎えに行きました。ところがワンコはシーラさんに連れられ施設のゲートから恐る恐る出てみたものの、外の世界が怖いのか再び施設の中へと戻ろうとします。

 シーラさんがワンコに「あそこにはもう戻りたくないでしょ」と声をかけると、再びゆっくりと歩きはじめ、やっとのことでゲートから外へと連れ出すことができたのです。

臆病な犬が甘えん坊に 施設のゲートから外へ出ようとしないワンコ

 シーラさんはダルビッシュさんが運転する車の後部座席にワンコと一緒に乗り、ダルビッシュさんの自宅へと向かいました。ところが到着後、ワンコは車から降りるのを拒否。どうやら初めて車に乗ったことでさらにワンコは怯えてしまったようです。シーラさんとダルビッシュさんはワンコを無理に車から降ろそうとはせず、しばらくなだめて機会を待ちました。そしてかれこれ1時間たった頃、気持ちが落ち着いたワンコは車から何とか降りてくれました。

 しかし、ワンコはダルビッシュさんの家の中でそわそわしながら寝室に向かうと、部屋の隅で小さく丸くなって座り込んでしまいます。

臆病な犬が甘えん坊に 今ではすっかり甘えん坊に

 「ミラ」と名付けられたワンコはダルビッシュさんの家族の一員となりましたが、施設にいた頃と同様に、部屋の隅で過ごし……次の日も、その次の日もミラは部屋の隅から離れようとしませんでした。

 在宅勤務のダルビッシュさんはそんなミラの横にいつも寄り添って仕事をしていたそうです。すると4〜5日ほどたつと、ミラはダルビッシュさんは「自分に危害を及ぼすことはない」と悟ったのか、彼の側から離れようとせず、いつも後をついて来るようになりました。

 そして今では……。ダルビッシュさんの上に寝転んで安心して眠ったり、彼の肩に鼻を乗せたりとすっかり甘えん坊の犬に! ダルビッシュさんは「ミラがガラリと変化したときに、僕はもうミラへの愛が止まりませんでした。ミラを手放すことなんて絶対できません」と語っています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響