ニュース
» 2022年02月09日 11時15分 公開

【その視点はなかった】法事で集合写真を撮るとメリットが多い 僧侶が明かす「家族と僧侶のWIN-WIN」な関係(1/2 ページ)

これは確かにやっておいた方がいいかも。

[大里ミチル,ねとらぼ]

 「その視点はなかったな」と思わず関心してしまうツイートを、イラストを交えて紹介するコーナー「その視点はなかった」。今回は、法事にてなるべく集合写真を撮りましょうと提案するカレー坊主(@curry_boz)さんのツイートです。

その視点はなかった はい坊主!その一言で場がスベる(イラスト:野田せいぞ

 

意外とメリット、あるんですよ

法事にて。出来るだけ「集合写真撮りましょう」と提案しています。私がカメラマン。スマホは1番若い人から借ります。親戚に拡散してもらいます。私のカメラでも撮ります。帰ったらハガキに印刷して、御礼状を書きます。喜ばれます。写真撮るときの掛け声は「はい。ぼうず!」です。割とスベります。(カレー坊主さんのツイートより)

 この発言をしたのは僧侶のカレー坊主(@curry_boz)さん。法事が終わったあと、できるだけ「集合写真を撮りましょう」と提案しているとのこと。いったいどんなメリットかというと、法事の記録になる・なんとなく場が和む・いざというときの遺影の候補として使えるとのこと。なるほど、確かにいざというときの遺影選びって結構大変ですものね。記録はもちろん、場が和むというのも、なんとなくわかります。

 カレー坊主さんいわく、若い人のスマホで撮影してもらうのがベストらしく、理由としては「最新型iPhoneの可能性が高いので写真が綺麗」「LINEのやり方を知っているので、親戚との連絡先交換が自然に出来る」「法事での若い人の存在感が増す(役割ができる)」の3つがあるとのこと。

 僧侶側にもメリットはあるらしく、「日時や場所の記録になる」「施主の家族、親戚の顔を記録出来る」「施主の連絡先を聞いて名簿を更新」という3つの利点があるとのこと。なるほど、家族側だけじゃなく僧侶さん側もWIN-WINですね。ちなみに、写真を撮るときは「はい、ぼうず!」とお茶目な掛け声にしているとのことですが、割とスベってしまうそうです……。

 この投稿に対して、Twitter上では11.9万件のいいねが寄せられ、「撮っておいて損は無い」「準備は不謹慎でもなんでもない」といった自身の体験を踏まえたコメントが多く寄せられました。

 

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響