ニュース
» 2022年02月15日 07時30分 公開

耳が聴こえないママの筆談を6歳息子にイタズラされ…… 「紙とペンは私の声」息子に語った言葉が胸に響く(1/2 ページ)

分かってくれてよかった。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 耳の聴こえないママさんが、息子君に筆談の邪魔をされた思い出をTwitterで公開し、4000件以上の「いいね」が寄せられるなど関心を集めています。

筆談中に息子にされたイタズラ 筆談中に息子にされたイタズラ

 この漫画を描いたのは、イラストレーターのミカヅキユミ(@mikazuki_yumi)さん。現在小学3年生の息子「ちどり」君が6歳のころの思い出です。

 ちどり君の通院のため、当時2歳の「かのこ」ちゃんと3人で病院を訪れたミカヅキさん。スタッフが差し出した紙に、次回予約の希望日を記入します。

 それを見ていたちどり君が後ろから寄ってきて、ボールペンの押しボタンをポチリ。筆談の邪魔をするイタズラです。

子どもを連れて病院へ行ったママ ちどり君の病院に行った時
筆談するママに近づく息子 次回の予約をしているとちどり君がイタズラをしてきます

 何度注意してもイタズラをやめないちどり君。ミカヅキさんは自分の声である「文字」を書くことを妨害されて、怒りがこみ上げてきます。

 その場で叱りたい気持ちはあるけれど、ここで叱ったところで自分の言葉が届かないと考えたミカヅキさん。ちどり君を押さえつけながら、予約のための筆談を続けます。

何度注意してもやめない息子 何度注意してもやめないちどり君
その場で叱ることは控えるママ その場で叱ることは控えます

 病院を出てから、ちどり君に話し掛けるミカヅキさん。イタズラをした理由、「やめて」と言ってもやめなかった理由をたずねました。

息子に話しかけるママ 病院を出てからちどり君に話し掛けるママさん
いたずらの理由を尋ねるママ イタズラをしてきた理由を聞いた後に

 「面白そうだったから」「楽しくてやめられなかったの」と笑いながら答えたちどり君に、自分が嫌だったことを伝え「私の声を取るな!」と気持ちをぶつけたミカヅキさん。病院の待ち時間が長くて暇だったことは認めつつ、誰のために予約をしていたのかを思い出させます。

自分の気持ちを伝えるママ 自分の気持ちを伝えます
息子の気持ちに理解を示すママ 待ち時間が長く暇だったことは認めつつ
息子に気持ちを伝えるママ 誰のために予約をしていたのかを説きます

 続いて「同じことを自分がされたらどう?」と聞いて、ちどり君に相手の気持ちを想像させたミカヅキさん。紙とペンは自分に取って声を出す手段の1つであることをあらためて伝えると、ちどり君が分かってくれたという手応えを感じたのでした。

自分が人にされて嫌なこと 自分がされたらどんな気持ちなのかを考えさせて
筆談は声を出す手段 紙とペンはママさんにとって声を出す手段の1つと伝えると
ママの話を理解してくれた息子 ちどり君も分かってくれたようです

 その時ミカヅキさんが思い出したのは、ちどり君が赤ちゃんだったころのことでした。熱が出たちどり君を病院に連れて行き、自分が聴こえないことや、ちどり君の症状などを書いたメモを差し出したところ、スタッフさんが聴こえている旦那さんに向かって話し出したことがあったのです。

息子が赤ちゃんの頃の話 ちどり君が赤ちゃんのころに行った病院で
聴こえる夫に向かって話しかける看護師 ママさんが聞こえないと知ったスタッフさんはパパさんと話し出し

 その方が楽なのは分かるけれど、悔しい気持ちだったというミカヅキさん。自分の「声」を受け取ってもらえなかったと感じたのです。そしてそれは、ミカヅキさんにとって日常茶飯事なのだとか。

私を見てほしいと悩むママ 自分の「声」を受け取ってもらえなかったと感じます

 そんなこともあり、筆談でやりとりができると「お母さんとして見てもらえてる!」という気持ちになるというミカヅキさん。ミカヅキさんの「声」には、いろんな形の「だいじ」が詰まっているのです。

筆談でやりとりができる喜び 筆談でやりとりできると、お母さんだと見てもらえているという気持ちに
筆談の声にはだいじなことが詰まっている ミカヅキさんの「声」にはいろんな形の「だいじ」が詰まっているのです

 投稿のリプライ欄には「感情にまかせてその場で怒らないって、簡単にできるようだけど実はとっても難しいこと」「きちんと理解できる形で説明して気持ちを分かってもらうって本当に大事ですよね」といった声が。アルバイト先で筆談を経験したという人からは「文字って人間が作った素晴らしい文明の1つだと感じました」というコメントが寄せられました。

 ちなみに、ミカヅキさんとちどり君のコミュニケーションは、口を見て話したり、手話をしたり、筆談を用いたりするとのこと。ちどり君も3年生になり、「今の息子となら、また深みのある話ができそうな気がしています」とつづっています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響