ニュース
» 2022年02月16日 19時00分 公開

手作り棍棒(こんぼう)を200本以上集めた狂気のイベント「大棍棒展」が大阪で開催 “試し殴り”で原初の衝動を解放だ(1/2 ページ)

ドラクエでも初期装備といえば棍棒と布の服ですし(異論は認める)。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 棍棒の展示販売に加え“試し殴り”までできるイベント「大棍棒展」が大阪で開催され、「意味は分からないが心がたかぶる」と反響を呼んでいます。確かに、原始的な衝動が刺激されてウホウホ言っちゃいそう。

大棍棒展 大小さまざまな形の棍棒が並ぶ様は壮観
大棍棒展 フライヤーも破壊力抜群です

 大棍棒展は大阪市中央区のホテル「THE BOLY OSAKA」の地下ギャラリー「KITAHAMA N Gallery」で、2月20日まで開催。約60種の樹木を使った、多様な棍棒200本以上を取りそろえています。価格も1本3000円から1億円までと、バラエティの幅がエグい。

 展示された棍棒のほとんどは自由に触れて、振り回すもよし、試し殴り用の木材に振り下ろすもよし。手ごたえを試したうえで購入できますし、随時行われるワークショップで自作することもできます。

 運営は里山制作団体「つち式」を母体とする「全日本棍棒協会」。棍棒の原始的な破壊力と魅力を、「(とかく“野蛮なザコキャラの武器”扱いされるなど)何かの添え物や引き立て役にしておくにはあまりにもったいない」と評価。「十分に主役を張れるとして、純粋に棍棒のみを展示した」とねとらぼの取材に答えました。

大棍棒展 開催概要では「ゴブリンのような少々野蛮でザコい架空のキャラクターの武器におとしめられる以前、棍棒は大いなる道具だった」などと、棍棒への思いがエネルギッシュに語られています
大棍棒展 「都市型の生活様式が主流となっても人類の体内から暴力が消失することはなく、人々は暴力発散の代償装置を編み出さずにいられないが、人間風情が考案するどんな疑似体験も、棍棒のたったひと打ちにさえ及ばない(要約)」

 木材は日常の林業や庭仕事で得たものや、山に住む知人から譲られたものなど、さまざまなルートで入手。工程はナタで粗く削ったのちにグラインダーで磨くというもので、30センチクラスでは30分、1メートルを超えるものは、太さ次第で2時間ほどかかるとのことです。

 苦心の末に、会場には物騒なものやら持つのがやっとなほどの大物やら、禍々しい悪魔的なものやら、唯一無二の棍棒が勢ぞろい。その様子は大勢の心を揺り動かしたようで、「ストレス解消に良さそう」「狂ってて好き」「棍棒という武器にここまで心躍らされたのはドラクエの最初の町で武器を購入するとき以来」などと話題を呼んでいます。

 開催4日目には40本ほどの棍棒が売れていくなど、来場者からの評判も上々。大勢が試し殴りを楽しんだおかげで、木材がへし折れて2本目に突入するなど、盛り上がりを見せています。

取材協力・画像提供:全日本棍棒協会

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  7. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  8. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  9. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響