ニュース
» 2022年02月17日 13時50分 公開

プロゲーマーたぬかな、所属チームが契約解除を発表 「差別的な言動許されない」(1/2 ページ)

スポンサー企業からもプロフィールが削除されていました。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 プロゲーマーのたぬかなさんが配信で差別的な発言を行ったことを受けて、所属チーム「CYCLOPS athlete gaming」を運営するブロードメディアeスポーツは、たぬかなさんとの契約を解除したと2月17日に発表しました。

 たぬかなさんはもともと“毒舌キャラ”として知られていましたが、2月15日に行った配信内で男性の好みについて触れた際「(身長)170はないと正直人権ない」「(170センチ無い方は)骨延長の手術を検討してください」などと発言。女性に対しても「(胸)Aカップに人権なくない?」「Bでギリ出てくるんちゃう、人権」と語り、発言内容が問題視されることに。

 炎上状態になると、たぬかなさんは16日夜「私の配信中における発言は、決して許されないものであり、自分の認識の甘さが招いたことであると重く受け止めております」として謝罪。スポンサー企業のレッドブル公式サイトからもプロフィール情報が削除され、所属先で何らかの処分がくだされるのではないかとの見方が広がっていました。

 契約解除を発表したブロードメディアeスポーツは、「いかなる差別的・侮辱的な行為や言動・SNS等での発言も許されるものではないと認識しており、すべての人にとっての多様性を大切にしております」として、所属選手の教育体制を強化し、再発防止に努めるとしています。


 女性ゲーマーがルッキズム(容姿に基づく偏見)を元に嫌がらせを受ける問題は近年深刻な問題となっており、たぬかなさん自身、そうした問題行為をインタビューなどで批判していました。しかし今回の発言内容はまさにルッキズムに基づいたものとなっており、過去の発言と大きく矛盾することから、一層激しい批判が巻き起こる結果に。

 また、近年ゲーマーの間で「人権」という言葉は「優れた性能を有するキャラクター」などを意味するスラングとして定着してきていましたが、今回はそれを差別的な文脈で用いたことで、社会的に容認できない「暴言」として拡散してしまった形。

 『五体不満足』などで知られる作家の乙武洋匡さんは「こういう言説が“フツーのこと”になってしまう恐れがあるから、やっぱり言っておくね。『人権は、誰にでもある』忘れないで」とツイートし、1.3万“いいね”を集めています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響