ニュース
» 2022年02月17日 19時00分 公開

ちっちゃくてもガチ! ヤングライダーのバイク世界選手権「MiniGP World Series」日本で初開催(1/2 ページ)

MotoGPライダーへの第一歩、日本でも4月16日から筑波で開催です。

[大泉勝彦,ねとらぼ]

 10歳〜14歳のヤングライダーを対象とするオートバイの国際レース「FIM MiniGP World Series」の日本シリーズが、2022年に初開催されます。

FIM MiniGP Japan Series 10歳〜14歳が対象の「FIM MiniGP World Series」が日本初開催(画像:ピーアップ、以下同)
FIM MiniGP Japan Series FIM MiniGP Japan Series FIM MiniGP Japan Series FIM MiniGP Japan Series

 FIM MiniGP World Seriesは、FIM(国際モーターサイクリズム連盟)が「Road to MotoGP」プログラムの新たな取り組みとして、未来のMotoGPライダーを目指す10歳〜14歳のヤングライダー向けに2021年に新設した国際レースです。

FIM MiniGP Japan Series MiniGP World Seriesの様子
FIM MiniGP Japan Series 「Ohvale GP-0 160」のワンメイクレース

 参戦マシンは10インチタイヤ+160ccのイタリア製ミニバイク「Ohvale GP-0 160」を使うワンメイク。タイヤはピレリ、潤滑油はモチュールとする共通仕様です。マシンや競技・技術規則などのレギュレーションは世界共通。世界のヤングライダーがイコールコンディションで挑み、バイクレースの最高峰「MotoGP世界選手権」に向けたスキルアップとチャンスをつかめます。

Learn everything you need to know about the FIM MiniGP World Series(YouTube/ピーアップ)

 開催初年度の2021年はアルペ・アドリア、北米、フランス、アイルランド、イタリア、マレーシア、オランダ、ポルトガル、スペイン、イギリスの10カ所で開催。2022年は新たにオーストラリア、オーストリア、インドネシア、カタール、日本でも開催されます。

FIM MiniGP Japan Series 各国のシリーズ上位3人は「MiniGP World Final」への参加権が得られる

 各国のシリーズ上位3人に「MiniGP World Final」への参加権が与えられ、MiniGP World Final勝者には「Road to MotoGP」プログラムの選考会あるいは直接の参戦が許されます。

 日本シリーズとなる「FIM MiniGP Japan Series」は全5戦、各戦2レース、計10レースを実施し、シリーズタイトルを決定します。第1戦は2022年4月16日、筑波サーキットコース1000にて。レースエントリー受付は2月16日開始です。

大泉勝彦



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響