ニュース
» 2022年02月18日 13時50分 公開

号泣ワリエワにメドベージェワ「戦いは一生続く」 欧米スケーターは「なんて茶番」「かわいそうな女の子」と憤り収まらず(1/2 ページ)

後味の悪さが残る大会に。

[小西菜穂,ねとらぼ]

 北京オリンピック女子フィギュアスケート個人戦が2月17日に決着し、優勝候補と見なされたROCカミラ・ワリエワ選手は4位に。競技終了直後から涙が止まらなかったワリエワ選手へ、同郷のスケーターが慰めの言葉をかける一方で、欧米のスケーターたちは不可解な大会へ一貫して憤りを発信し続けています。

ROC代表選手の3人 中央がカミラ・ワリエワ選手(画像はエフゲニア・メドベージェワ公式Instagramから)

 禁止薬物が検出されるも15歳という年齢が考慮され、スポーツ仲裁裁判所(CAS)はワリエワ選手の大会出場を認定。15日開催のSP(ショートプログラム)1位で折り返したワリエワ選手でしたが、17日のFS(フリースケーティング)ではジャンプでミスを連発。精彩を欠いた演技で総合4位(暫定)に沈みました。

 平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワは、翌18日更新したInstagramで「どう書くべきか難しい」としつつ、「カミラ、あなたの気持ちは分かる。これで全ておしまいと思うでしょうけど、そうではない」とワリエワ選手へあてたメッセージを投稿。今後の競技継続を強く望むと強調し、「1週間はInstagramを削除して、大切な人と一緒に過ごして」「この先一生戦いは続くのだから」と声をかけています。メドベージェワは早い段階からワリエワ選手への支持を表明し、演技中は同大会金メダリストのアリーナ・ザギトワと一緒に会場で声援を送っていました。

 同じくロシア出身で五輪で3つのメダルを獲得したエフゲニー・プルシェンコも「勝利のためではない涙を流す彼女たちを見るのはとてもつらかった」としつつ、「飛躍のために転ばなければいけないこともある」とコメント。「きみが経験したプレッシャーとストレスは相当のものだったろう。でもきみは世界中から愛されるアスリートだ。これが最後のオリンピックじゃない」「諦めないで」と呼びかけました。

演技中のワリエワ選手 演技中のワリエワ選手(画像はエフゲニー・プルシェンコ公式Instagramから)

 一方、欧米出身のスケーターたちの反応は依然として厳しく、コーチとして大会参加していた平昌大会メダリストの元米代表アダム・リッポンはTwitterで「なんて茶番だ、オーマイゴッド」と一言だけ投稿。米NBCで競技解説を担当する2大会出場歴を持つ元米代表ジョニー・ウィアーは競技終了後、「生涯で最も奇妙で胸が痛むイベントだった」と渋い表情で振り返る短い動画をTwitterへ投稿しています。

 ソチ大会メダリストの米アシュリー・ワグナーは、直接名前を挙げなかったものの「かわいそうな女の子」「こんな立場に追い込まれるべきじゃなかった。出場させるべきじゃなかった」とツイート。心から喜ぶ様子のないメダリストたちを「見ていられない。子どもたちを不健康で有害な立場に追い込んで。胸が悪くなる」と不快感をあらわにしています。

 またカナダ代表として平昌大会でメダルを獲得したメーガン・デュハメルの批判の矛先は、ワリエワ選手を指導するエテリ・トゥトベリーゼコーチへ向き「コーチという存在は、アスリートへ敬意を払い、メダル獲得だけではなくすばらしい人へ育てようと望むものでなくてはならない」と主張。さらにソルトレイクシティ金の米サラ・ヒューズは「オリンピック閉幕で終わる問題ではなく、議論を続け再検討しなくてはならない」とこれで終わりではないと強く訴えました。

 日本代表として五輪2大会に出場した村主章枝さんはTwitterで繰り返し「ドーピングで命を落としている人もいます」「身体は、壊れたら元に戻らない」と危険性を強調。また競技終了後には、取り乱した様子を見せたトゥルソワ選手について「ロシアのドーピングに対する考え方を大きく変える『ペレストロイカ級の一言』だったと思います」とコメントしています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  2. /nl/articles/2205/16/news173.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者が「使用料の支払いは不要」 権利は保持すると主張
  3. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  4. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  5. /nl/articles/2205/17/news016.jpg “はじめてのお散歩”にドキドキの子柴犬 二足立ちで飼い主にしがみつく姿がいとおしくてキュンとする
  6. /nl/articles/2205/16/news041.jpg 息子くんにかまってほしい元野良の子猫、必死にスリスリすると…… 抱きしめられる相思相愛な姿に癒やされる
  7. /nl/articles/2205/16/news157.jpg 亡くなった伯父から預かったSDカードを開いたらとんでもないものが―― 戦中・戦後の貴重なモノクロ写真が1万点以上、「これはすごい」と注目の的に
  8. /nl/articles/2205/16/news022.jpg 胸ポケットから保護子猫が「ひょこっ」 動物病院で目撃された光景に「キュン死させるつもりですか」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  10. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声