ニュース
» 2022年02月19日 12時00分 公開

「グッバイ、ドン・グリーズ!」レビュー 「よりもい」ファンの期待に応えた“疎外感”に向き合う傑作アニメ映画(1/3 ページ)

和製「スタンド・バイ・ミー」であり、その先の飛躍もあった。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 テレビアニメ「宇宙よりも遠い場所」(以下、「よりもい」)のいしづかあつこ監督の新作アニメ映画「グッバイ、ドン・グリーズ!」が2月18日から公開されている。

「グッバイ、ドン・グリーズ!」レビュー 「よりもい」ファンの期待に応えた「疎外感」へ向き合うアニメ映画 映画『グッバイ、ドン・グリーズ!』 2022年2月18日(金)全国ロードショー 配給:KADOKAWA (C) Goodbye,DonGlees Partners

 いしづか監督の前作「よりもい」は国内外から稀に見る高評価を得ており、第22回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門審査委員会推薦作品に選ばれ、ニューヨーク・タイムズ紙において「2018年の最も優れたテレビ番組」の海外番組部門に選出、「bilibili moe 2018 アニメーションアート賞」の日本アニメーション部門において最優秀ドラマ賞と最優秀シリアル賞に輝いている。

「宇宙よりも遠い場所」PV

 その「よりもい」に引き続き、今回の「グッバイ、ドン・グリーズ!」でもキャラクターデザインを吉松孝博、制作をマッドハウスが手掛けている。結論を申し上げれば、今作は「よりもい」ファンの期待に応えているのはもちろん、それでいて予備知識ゼロでも楽しめる、いしづか監督(今回は脚本も兼任)らしい優しさにあふれた素晴らしい作品だった。

 劇中のメッセージを鑑みれば若い人にこそ見てほしいと心から願えたし、大人が見ても劇中の少年たちに「あの頃の自分」を思い出す感動があるはずだ。さらなる魅力を紹介していこう。

「グッバイ、ドン・グリーズ!」本予告ロングver.

「スタンド・バイ・ミー」な冒険へ

 あらすじはこうだ。高校1年生のロウマと、その親友のトトのふたりだけだったチーム「ドン・グリーズ」に、新たにドロップという少年が加わった。その後、期せずして山火事の犯人に仕立て上げられたロウマたちは、無実の証拠となる映像が残されてるかもしれない、遠く離れた場所へ飛ばされたドローンを探しに冒険へと旅立つ。

「グッバイ、ドン・グリーズ!」レビュー 「よりもい」ファンの期待に応えた「疎外感」へ向き合うアニメ映画 (C) Goodbye,DonGlees Partners

 言ってしまえば、この物語は1986年の映画「スタンド・バイ・ミー」に似ている。そちらが死体を探しに行くのに対して、こちらはドローンを追い求めて旅に出る。その先で少年たちはさまざまなハプニングに遭遇するが、悩みを打ち明けたり、はたまたケンカを経て分かり合うこともある。まずは「ジュブナイル冒険もの」として、大いに楽しめるだろう。

 それでいて、「スタンド・バイ・ミー」の主人公たちが12歳だったのに対し、この「グッバイ、ドン・グリーズ!」では高校1年生という、子どもと大人の境界線のような年齢に設定している。そこには当然「将来の悩み」もあるし、いい年をして子どもっぽいチームにこだわり続けていることや、LINE(のようなSNS)グループでのイジメも含む周りからの疎外感など、簡単には割り切れない、年相応の複雑な感情が見て取れる。

想像もつかない「飛躍」

 こうした普遍的な悩みを持ったまま旅立つ冒険は、やがて「スタンド・バイ・ミー」にもなかった、想像もつかない「飛躍」へとつながっていく。初めは自分たちの無実を証明するため、それだけのはずだった冒険が、やがてかけがえのない「宝物」へと変わっていくのだ。

「グッバイ、ドン・グリーズ!」レビュー 「よりもい」ファンの期待に応えた「疎外感」へ向き合うアニメ映画 (C) Goodbye,DonGlees Partners

 描かれる冒険が誰もが経験しないようなものであっても、彼らの悩みそのものは誰もが通りうる普遍的なものであり、さらにその先の飛躍には福音となる尊いメッセージが提示されるので、涙が溢れんばかりの感動が待ち受けていた。

 そして、おとなしく思える主人公を花江夏樹、マジメであるが故の悩みを持つ親友を梶裕貴、中性的で幼く見える少年を村瀬歩と、日本トップの声優が、三者三様の魅力を持つ少年を熱演しているのも見どころだ。この3人の声優のファンにとってはずっと耳が幸せなことは間違いないし、文句のつけようのない演技がキャラクターにハマっているからこそ、それぞれの複雑な内面が伝わってくる。「よりもい」に続く出演となる、存在感のある少女を演じた花澤香菜もまた素晴らしい。

「グッバイ、ドン・グリーズ!」レビュー 「よりもい」ファンの期待に応えた「疎外感」へ向き合うアニメ映画 (C) Goodbye,DonGlees Partners

 さらには、スピード感のあるアクションも展開し、美麗で荘厳な背景描写もあって、「スクリーン映え」するアニメとしてのクオリティーも存分にある。劇場で堪能する意義も大きい、オリジナルのアニメ映画が誕生したことそれ自体がうれしくなる。

「よりもい」に通ずる精神性

 いしづか監督の「よりもい」は、女子高生たちが南極を目指す、周りからは不可能と言われる冒険に向かう物語だった。しかし、目標設定がとっぴに思えるものでありながら、少女4人それぞれが個性的かつ、描かれている悩みが身近なものであるからこそ、見た人各自が「自分に近いキャラクター」に大いに感情移入できるつくりになっていた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  7. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  8. /nl/articles/2205/26/news104.jpg 「10代可愛いすぎる」「ギャルや〜ん」 矢田亜希子、日焼け×ミニスカ×ルーズソックスの“ギャル女子高生”時代に反響
  9. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  10. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響