この自己紹介はアバンギャルドすぎる 投げ込みチラシやレシートで己を語る京都芸術大学の卒業制作が秀逸(1/2 ページ)

レシートや駄菓子、バニラのトラックなど、日常的に目にするデザインのパスティーシュ。

» 2022年02月20日 19時00分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 健康食品か何かの投げ込みチラシかな? と思ったら、文面は「トイレットペーパーはシングルをいっぱい使う」「やっかいな親知らずが出てきて残念」といった脈絡のないメッセージ――。身近なデザインに自己紹介を落とし込んだ、京都芸術大学の卒業展2021年度学長賞受賞作品が注目を集めています。

長澤花咲作品 しばしば見る広告の体裁で、嗜好や近況を表現
長澤花咲作品 展示スペースのバックには、バニラのトラックをまねた特大ポスター。これも近況を語る作品の1つです

 作者は情報デザイン学科の長澤花咲(ながさわかえ/Instagram)さん。「超・履歴書」と名付けた作品に、レシートや駄菓子のパッケージなど、日常的によく見るデザインの体裁で、誕生日などの基礎情報や過去の経験、嗜好といった自己を構成する要素を書き連ねています。

長澤花咲作品 レシートにつづられているのは、作者の誕生日や普段使いのボールペンの太さ、お昼の食事代といった記録。かと思えば「積極的に断捨離中!」とのアピールも
長澤花咲作品 普段心がけている行いを、タラタラしてんじゃねーよ風に
長澤花咲作品 半分くらい「祖母を『ばーば』と呼ぶ」優しさでできた解熱鎮痛薬

 例えば、文庫本の売上スリップを模倣した作品の内容は、「初めて会った芸能人はスキー場のイベントに来ていた大友康平」「うそみたいな裏ワザを信じて失敗しがち」「靴下に1500円は高いと思う」など。見慣れたデザインから来る先入観を大きく裏切り、ユーモラスな文章で鑑賞者を引き込んできます。

長澤花咲作品

 一連の作品は来場者のツイートがきっかけで広く拡散。「“安っぽさ”の再現が巧み」「視線誘導が緻密ですごく、“情報デザイン”のなんたるかを見た」「共感できる内容もあってついつい読み込んでしまう」「デザインフォーマットが与える“印象”の強さに気付かされた」など、大きな反響を呼びました。

 長澤さんは受賞に際し、「私たちの日常にしれっと存在する庶民的なデザイン。コンセプトやおしゃれとは距離を置きながら生活になじんでいるこれらのデザインに、別の価値観の魅力とシンパシーを感じます」とコメント。「ポケットティッシュの販促ラベルに前衛やシュールを感じる不思議が、なぜか自分に対する好奇心を止めたくはないという揺るがない気持ちを湧かせます。アヴァンギャルドな視点で、自分の日常や世の中の普通を変容させたい。そんなことを思いながら投影し続けたセルフポートレートです」と、作品にかける思いを語っています。

画像提供:qp(@akarusa)さん
協力:長澤花咲(Instagram)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  6. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」