ニュース
» 2022年02月22日 11時00分 公開

亡き父がダイヤモンドになる 遺骨で作った「メモリアル・ダイヤモンド」の投稿に反響 サービスが生まれた思いを聞いた(1/3 ページ)

日本法人設立のきっかけも「死後はダイヤモンドとして妻に」。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 亡き父がダイヤモンドになって帰ってくる――そんな言葉と共に投稿された一粒のダイヤモンドの写真が、Twitterで大きな反響を呼んでいます。

メモリアルダイヤモンド 反響を呼んだダイヤ(画像提供:みっぽんぽん(@MitsuPongPong)さん

 投稿したのは漫画家のみっぽんぽん(@MitsuPongPong)さん。写真のダイヤは2021年5月に亡くなったお父さんの遺骨で作ったものだと言います。同年夏に遺骨をスイスへ送り、最近日本へ帰ってきたとのことで、みっぽんぽんさんは「うちに来るのを楽しみにしているよ!」と完成したダイヤを待ちわびる思いをつづっています。

 みっぽんぽんさんがダイヤの作成を依頼したのは、スイスの「アルゴダンザ」という会社。遺骨や遺灰、遺髪から作ったダイアモンドを「メモリアル・ダイヤモンド」といい、同社の日本法人「アルゴダンザ・ジャパン」によると、遺骨の中に含まれる炭素を取り出し、人工的に高温高圧を加えて作るそうです。

 

メモリアルダイヤモンド アルゴダンザ・ジャパン」公式サイトのトップページ

 アルゴダンザは代表のリナルド・ウィリーさんが、2004年に設立。植物の灰で合成ダイヤモンドを製造できるという科学の記事を読んだことがきっかけで「遺灰からダイヤモンド」を作るというアイデアが生まれたといいます。翌年に設立されたアルゴダンザ・ジャパン(静岡県)の代表、法月(のりづき)さんに日本でのサービス提供のきっかけやツイートの反響について聞いてみました。

メモリアル・ダイヤモンドができるまでを動画で紹介
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響