ニュース
» 2022年02月22日 17時16分 公開

2022年2月22日の「スーパー猫の日」にあやかった各公式アカウントがニャンダフル アース製薬から「シン・ウルトラマン」まで(1/2 ページ)

猫の人気具合がすごいにゃ……!

[ケンゾー,ねとらぼ]

 2月22日は猫の日。しかも今年は、2022年ということもあり2(にゃん)が続いて「スーパー猫の日」と言われていますにゃ。Twitterでは、アース製薬から映画「シン・ウルトラマン」の公式アカウントまで猫にあやかってニャンダフルな投稿が見られましたにゃん。

猫の日 アース製薬の公式アカウントより

 アース製薬は「ニャース製薬」、エレコムは「エレニャム」、Calbeeは「Nyalbee(ニャルビー)」など数えだしたらキリがないくらい多くの企業が名前を変更。ニャンリン(※ゼンリン)は、全国の猫地名マップを公開しましたニャン。パインやケンタッキーなどはそれぞれ猫をイメージした自社商品の画像を投稿しましたにゃ。にゃんというクオリティ……!

 映画「シン・ウルトラマン」の公式アカウントやカラーは、猫とともにウルトラマンのフィギュアを写した写真を投稿。「そんなに猫が好きになったのか、ウルトラマン。」と名セリフを模した文章を付けていますにゃん。ほかにも、三鷹の森ジブリ美術館は、ねこバスがとことこ動く動画を投稿しましたにゃー。

 

 LINEは、猫の日にあやかり、投稿を1リツイートするたびに22円を、動物たちの保護や里親探し、過剰繁殖防止活動の支援などに活用される「フェリシモわんにゃん基金」へ寄付すると発表。さらに、対象スタンプを購入すると、一部利益を寄付しますにゃ。

 今日だけで、猫がどれだけ人気なのかを感じる1日でしたにゃ(※語尾に「にゃん」や「にゃ」が付いてるのはこの記事だけです……にゃん)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  7. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  8. /nl/articles/2205/26/news104.jpg 「10代可愛いすぎる」「ギャルや〜ん」 矢田亜希子、日焼け×ミニスカ×ルーズソックスの“ギャル女子高生”時代に反響
  9. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  10. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響