ニュース
» 2022年02月24日 20時00分 公開

しっぽが壊死した野良猫を保護→7カ月後…… 穏やかな表情の家猫になったビフォーアフターに涙

表情の変化にご注目。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 YouTubeチャンネル「猫ねこ親バカ日記」に保護されたボロボロの猫が7カ月かけて家猫になっていく様子が投稿され、たくさんの人から感謝の声が寄せられています。2月19日現在、動画は58万回再生を突破。「保護してくださってありがとうございます」「しっぽが壊死する前に保護してもらって本当によかった」「嬉しくて泣きそうになる」などのコメントが続々と寄せられています。

サムネイル 野良猫が家猫になるまでの7カ月間

 2021年6月21日の深夜0時頃、高嶋 郁さんが車で走っていると1匹の野良猫が現れました。野良猫はとてもおなかが減っていたらしく、車にひかれたヘビを食べようと車道に出てきた様子。車通りが多い道路であったことから高嶋さんはすぐに事務所からカリカリを持ってきて食べさせ、翌日から距離を縮めるべくエサやりをしはじめます。

ころちゃんとの出会いの道路 ころちゃんとの出会いは大きな道路だったそう
ちゅーるをなめるころちゃん しっぽが痛々しいです

 野良猫は強い警戒心を示すものの、日々関わるうちに差し出したエサを食べてくれたり、少しずつ近づかせてくれたりとわずかながら心を許してくれるようになりました。ガリガリに痩せていること、しっぽに大けがをしていることから保護したいと考えた高嶋さんは保護ボランティアさんとともに捕獲作戦を開始。地道な努力の結果、無事保護することに成功したのでした。

防犯カメラごしのころちゃん 防犯カメラも使用し、地道に頑張る高嶋さん
エリザベスカラーをしたころちゃん 捕獲後すぐに動物病院へ、1日遅かったら……

 高嶋さんは「ころ之助」(通称:ころちゃん)と名付けた猫をしっぽの治療のため、早速動物病院に連れていくことに。しっぽの状態は非常に悪く、壊死していたことから断尾せざるを得ない状況だったそうです。

 この地点でころちゃんの体重は2.2キロ、恐らく生後6カ月ほどであること、尻尾の状態からあと1日遅かったら命が危なかったこと、おなかに寄生虫がいることなどさまざまなことが判明します。

手からちゅーるをなめてくれたころちゃん 少しずつ心を許してくれる姿がいとおしいです

 高嶋さんのお家には先住猫の「ゆきむら」くんが暮らしていますが、ころちゃんはまだワクチンを接種できる状態ではなかったため、当面の間は事務所で暮らすことに。日々高嶋さんと娘さんの愛情に触れるうちに、ブラッシングさせてくれたり、おもちゃで遊んでくれたりといろんなことができるようになりました。

事務所にきて3週間ころちゃん 事務所に来て3週間、外に出られるようになりました
事務所にきて1カ月ころちゃん 1カ月経過、体つきがふっくらしてきました

 事務所で暮らして3カ月、寄生虫の駆除とワクチンが終わったことから高嶋さんのお家にお引越しすることになったころちゃん。先住猫のゆきむらくんとの相性が気がかりでしたが、2匹はあっという間に打ち解け、ころちゃんは優しいゆきむらくんにすっかりメロメロに。本来は甘えん坊な性格だったようで、今ではゆきむらくんにべったりなんだとか。

ゆきむらくんとご対面 初対面の2匹、仲良くなれるかな……?
一緒に寝る2匹 すっかり仲良しになりました

 おなかいっぱいごはんが食べられて寒さに震えることもなく、優しいママとお姉ちゃん、大好きなゆきむらお兄ちゃんと一緒に暮らせるようになったころちゃん。動画にはたくさんの感謝の声が寄せられています。

くっつく2匹 幸せそうな表情にぐっときます

 投稿主の高嶋さんはYouTubeチャンネル「猫ねこ親バカ日記」とInstagram(@kaoru.takashima)に、ゆきむらくん&ころ之助くんと過ごす日々を投稿しています。

優しいコロちゃん
甘えん坊さんです、かわいい

画像提供:YouTubeチャンネル「猫ねこ親バカ日記」さん

三日月 影狼

オススメ記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響