ニュース
» 2022年02月25日 07時30分 公開

かわいいもの好きな男性が、推しのグッズ発売日に“転売屋”に間違われて…… 自身の経験を描いた漫画に気付きと共感の声(1/2 ページ)

好きなものが好き、と言える世の中になりますように。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 かわいいキャラクターが好きな男性が、転売屋だと思われていることを知ってしまったーーそんな実体験を描いた「かわいいものが好きな男の人がいることを知ってほしい!」という漫画がTwitterに投稿され、気付きと共感の声が寄せられています。

 作者は漫画家のミナモトカズキ(@minamotokazuki)さん。ミナモトさんは30代になったある日、彼氏さんと一緒に某遊園地に遊びに行き、あるクマのぬいぐるみと運命的な出会いを果たしました。そこからあれよあれよとその世界観にハマり、今では彼氏さんともどもぬいぐるみなしでは生きていけない! と思うほどの大ファンになったんだとか。

 ミナモトさんによると、「発売されるお店近くのホテルに前日泊して、朝イチで並びに行くことが多いです。おかげで店員さんとも結構顔見知りになっちゃって、お店に行くと店員さんから駆け寄って来てくれて推しの話で盛り上がることもあります!」と、推し活を楽しんでいたそうです。推しのために並ぶのも、推し活の醍醐味ですよね。

男だってかわいいものが好き漫画1 ショックを受けるミナモトさん

 しかしある日、SNSで「クマさんのグッズ発売日に先頭の方に並んでる男なんて100%転売ヤーでしょ」「黒い服着てる男なんて絶対クマさんのファンじゃない、転売ヤーに決まってる」というショッキングな投稿を目にしてしまいます。

男だってかわいいものが好き漫画2 ”好き”は人それぞれ

 純粋なクマさんファンであるミナモトさんですが、他の人からは転売ヤーだと思われている可能性があることを知り、「こんなにクマさんを愛してるのに……!!」と大きなショックを受けます。このときミナモトさんは、「今まで推し活をしてきて、正直転売ヤーは驚くほど年齢性別関係なく存在していたので、男性=転売ヤーっていう決めつけは悲しい」と感じたそうです。

 ミナモトさんは、転売目的と思われる人がグッズを目の前で乱雑に扱ったり、ファンを押し退けてカゴに詰め込んでいく姿を何度も目撃したといいます。「そうなると、楽しいはずの推し活も、悲しい気持ちになってしまったりするんですよね……。少しでも改善されて、好きな人が好きなものを手にできる世の中になってくれたらいいなと願っています」というミナモトさん。ミナモトさんの好きなキャラクターだけでなく、さまざまな分野で問題になっている転売。販売側も対策を講じてはいるものの、“本当に欲しい人”に行き渡らせるのはなかなか難しいことのようです。

 それからのミナモトさんはクマさんのグッズが発売する日にはグッズをバッグに付けたり、推し色の服を着たりと、“転売ヤーではなくファンである”ことをアピールするようになったんだとか。これをきっかけに「だったらとことん推しコーデしちゃえー!」と推し色コーデの楽しさに目覚めたものの、当初はやはり気恥ずかしさがあったといいます。自分なりの方法にめぐりあい、今も楽しく推し活を続けるミナモトさんですが、自身の体験から「かわいいキャラクターが好きな男の人もいることを知って欲しい」、そして「見た目や性別だけで判断しないでもらえたら嬉しい」と切に願っているといいます。

 ここ数年はさまざまなグッズや商品が転売されて問題になり、疑心暗鬼になってしまう人も多いことでしょう。過去には先頭に並んでいた人が全ての在庫を買い占めてしまったという例もありますが、性別や服装が転売ヤーであることを示すわけではありません。見た目や性別で物事を決めつけることなく、誰もが自分が好きなものを好きだと言える社会になるといいですね。

 この漫画には「確かにその状況だと転売ヤーかと思ってしまいそうです、無意識に男性への偏見や性差別に加担している人も多そう」「自分もかわいいものが好きな男です、ともに頑張りましょう!」「男性が多い界隈では女性が同じような扱いをされます……」といった、考えさせられるコメントがたくさん集まっています。

 ミナモトさんは、コミックリュウで『壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている』を連載中。Twitter(@minamotokazuki)には、パートナーとの日常を描いた漫画やイラスト、推しのクマさんたちの写真などをたくさん投稿しています。

三日月 影狼

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  9. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響